ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 市民の方へ > 上・下水道 > 上水道 > 宇和島市水道局 > 水道管の凍結にご注意ください

水道管の凍結にご注意ください

印刷用ページを表示する掲載日:2016年1月27日更新

 冬の冷え込みが厳しいとき、水道管の水が凍って出なくなったり、水道管が破裂することがあります。宇和島市においても、昨年は寒波による影響で、水道管の凍結や破裂事故が発生しています。
 水道管破裂等の事故を防ぐために、家庭で簡単にできる凍結防止対策や凍結した場合の対処方法をお知らせします。

凍結から水道管を守りましょう

 水道管は寒さが苦手です!冬は凍結対策をお願いします。気温が-4℃以下になると、水道管が凍り、破裂することがあります。

 

 屋外で次のような場所は水道管が凍りやすいので、早めに凍結防止の準備をお願いします。

  • 「むき出し」になっている水道管
  • 家の北側などで、日の当たらない場所の水道管
  • 風当たりの強い場所の水道管

 

水道管を凍結させないために・・・

 「むき出し」になっている水道管や蛇口に、保温材・古い毛布・布きれなどを巻き付け、その上からビニールテープなどを巻いて防水し、凍結を防いでください。保温材の巻き方

 

 

 

 

凍結して水が出なくなってしまったら・・・

 凍結で水が出ないときは、自然に解けるまで待つか、凍った所にタオルなどを巻き付けて「ぬるま湯」をゆっくりとかけてください。お湯のかけ方

  ※熱湯をかけると、水道管が破裂する危険があります。

 

破損したときは・・・

 もしも水道管が破裂してしまった時は、まず、メーターボックスの中の止水栓を閉めて、漏水を止めてください。

 次に「宇和島市指定給水装置工事事業者」に修理を依頼してください。事業者の一覧表は、宇和島市水道局のホームページに掲載していますので、お客様から直接修理を依頼してください。修繕費用はお客様の負担となります。

 


 

長期間留守にされる方、空き家・空き部屋をお持ちの方へ

 空き家・空き部屋をお持ちの場合、また旅行などで長期にわたって不在の場合、蛇口の立ち上がりやボイラー等が凍結し破裂するおそれがあります。凍結防止を心がけましょう。

 また、凍結により水道管の破裂が生じた漏水の場合、長期にわたって誰にも気付かれず、大切な水道水が流しっぱなしの状態になります。水道料金が高額になるのはもちろんのこと、修理費はお客様ご自身のご負担となりますので、ご注意ください。