ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

経営健全化計画

印刷用ページを表示する掲載日:2015年7月1日更新

宇和島市水道局では公債費負担軽減のため、「公的資金補償金免除繰上償還」制度を活用します。
        - 企業債の一部を繰上償還(借換)し、財政の健全化を推進 -

  1. 制度の概要 
     「公的資金補償金免除繰上償還」とは、近年の地方公共団体の厳しい財政を支援するため、臨時的措置として平成19年度から平成21年度までの3年間で実施されるものです。
     通常は償還期限より前に市債を償還(繰上償還)する場合、補償金が必要とされていますが、今回の公的資金補償金免除繰上償還では、抜本的な行政改革を行う等の条件を前提として、この補償金が免除されます。5パーセント以上で借り入れている高金利の企業債が対象となり、借換を含めても以後の支払利息の大幅な軽減が見込まれます。
     
  2. 水道事業会計で対象となる企業債と規模
     上水道事業債(31本、11億115万円)
     
  3. 計画の策定と承認
     総務省の定める様式に沿って、公営企業健全化計画(水道事業会計)を策定しました。計画のヒアリングを経て国へ申請を行い、平成19年12月に財務大臣・総務大臣から承認されました。
     
  4. 実施の効果(計画実施後の支払利息の負担軽減見込み額)
     水道事業会計での軽減見込み額:約2億2,000万円

公営企業健全化計画(水道事業) [PDFファイル/257KB]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)