ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 教育・社会活動 > 文化・生涯学習 > 公民館 > 各公民館 > 宇和島市青少年市民共同センター事業(ホリバタ事業)について
現在地 トップページ > 分類でさがす > 生活・くらし > まちづくり > 協動 > 各公民館 > 宇和島市青少年市民共同センター事業(ホリバタ事業)について

本文

宇和島市青少年市民共同センター事業(ホリバタ事業)について

印刷用ページを表示する ページ番号:0053358 更新日:2020年9月19日更新

中央公民館 新事業「宇和島市青少年市民協働センター事業」について

青少年市民協働センター事業とは?

『青少年市民協働センター』(通称:ホリバタ)として新たな事業を令和2年4月より開始しました。(青少年市民協働センター事業概要 [PDFファイル/759KB]

『パフィオうわじま』(宇和島市学習交流センター)に移転した中央図書館の跡(1階・2階)施設を活用して、あらたに『青少年市民協働センター』(通称:ホリバタ)として、「人づくり」を目的とした事業を開始しました。

施設全体(1~3階)が中央公民館になり、公民館の目的である「人づくり・地域づくり」の一環として『青少年市民協働センター事業』を行います。

中央公民館が堀端町にあるので名付けて「ホリバタ事業」、そして、ここに集う若い世代(中学生~30代)を「ホリバタ世代」と呼ぶことにしました。

ホリバタ事業では、「ふるさと宇和島」を未来につなげるために、個人、団体、企業と行政が協働して、ホリバタ世代を中心とした「人づくり」と、市民活動団体の支援を通した「地域づくり」に取り組みます。

例えば、ホリバタ世代を対象とした緩やかなつながりづくり、地域・仕事・生き方について考えるきっかけづくりやキャリア教育、新しいチャレンジの応援、世代や業種を超えた交流、様々な市民活動の紹介や支援などを行っていく予定です。

 中高生や社会人等、うわじまの未来を担う若い世代から、「人づくり・地域づくり」に関わる個人や団体まで、幅広く市民の皆様に『ホリバタ』という名前で親しみ、活用していただく協働の拠点となることを目指します。

この拠点が、ときに休憩場所や自習室であり、ときにイベントスペースであり「使える課外活動場所」となることを目指してます。 学年や学校、会社、地域の枠を超えた企画なども考えています。あなたの「こんなことやりたい」「こんなことあったらいいな」も募集中です。
 

宇和島市立中央公民館施設概要
3階 学習活動フロア(大ホール、会議室、研修室)
2階 青少年市民協働センター事業[ホリバタ事業]
(NPO団体など会議室利用)
少年センター
(青少年健全育成・補導)
うわじまMIセンター
(結婚支援)
1階 青少年市民協働センター事業[ホリバタ事業]
(フリースペース、利用者スペース(ラウンジ・ミーティングコーナー・自習室))

      ※ホリバタ事業の施設リーフレットはこちら [PDFファイル/1.35MB]

目的は?

「ふるさと宇和島」を未来につなぐこと

 現在、宇和島市では、人口減少に加えて若者(地域の人材)がどんどん流出しています。

 高校生に対するアンケートでは、将来宇和島に住みたいという若者は3割を下回りました。

 このままでは、私たちのふるさと宇和島を未来へつなぐことができません。

そのために、人材育成や地域づくりに関わる個人・団体・企業等と行政が協働して、

「持続可能な地域社会の創り手」を育成することを目的とします。

具体的に何をするの?

運営方針(ホリバタ・コンセプト)

【人づくり】 持続可能な「ふるさと宇和島」を創生していくために、キャリア教育を軸に様々な交流を通じた活動人口を創出するとともに、うわじまの未来を担う「人材育成」に取り組みます。

 《目指す人材像》

  • 地域や世代・団体を超えて協働や創発の取り組みに関わる人材
  • 地域に対する興味・愛着や誇りを持つ人材
  • 定住・交流・関係人口につながる「活動人口」としての人材

 《具体的な取組》

  • 既存の人材育成関連事業との連携・支援
    例)地域学校協働活動、うわじま土曜塾、宇和島圏域子ども観光大使、うわじまカタリバ、高校生まちづくり課・・・など
  • 新規事業の実施(今後予定)
    例)新卒予定者交流会、起業家育成講座、ローカルチャレンジ事業・・・など
【地域づくり】 市民活動の支援を通じて、若者と地域をつなぐ活動拠点を目指します。

 人づくり・地域づくりに資する市民活動を活性化するための拠点として、備品や会議室の貸与(ハード面)や、活動や運営に関する相談、他団体との連携サポート(ソフト面)などの支援を行います。

 《具体的な取組》

  • 市民活動に関する情報の集約・発信、団体間の情報交換や共有・交流の場の提供。
  • 会議室や備品の利用、活動や運営に関する相談、行政とのつなぎ役

利用するにはどうすればいいの?

まず最初に

 1階の受付にお声がけください。

  ※ 現在は、新型コロナウイルスの関係により、来館者全員に名簿の記入をお願いしております。

対象者別

若者世代

中高生から30代までの若者世代(ホリバタ世代)に、積極的に利用していただきたいと考えています。
個人での自習室の利用、仲間内での話し合いや交流に、学校帰りや休日など気軽にご利用ください。

市民団体

宇和島市NPO登録制度による登録団体や、商工会議所や青年会議所など公共的団体の利用を想定しています。
ホリバタを利用するにあたっては、事前にホリバタの利用登録をお願いします。(様式は下記からダウンロードしてください。)

一般の方

1階のフリースペースについては、だれでも自由にご利用いただけます。

利用料金

無料です。

ただし、コピー機(モノクロ:10円/枚 カラー:50円/枚)、や印刷機等を利用する場合は別途実費がかかります。
また、2階の会議室等の空調を利用する場合はコインタイマーとなっております。(1時間100円)

利用日・時間

開館時間:午前9時~午後7時(2階は事前予約で午後10時まで)

休館日:月曜日・祝日・年末年始(月曜日が祝日の場合は翌日も休館)

予約方法

 1階のミーティングコーナーA&B、2階の多目的室1&2、視聴覚室は、事前予約が必要です。

 予約は電話で可能ですので、お気軽にお問合せください。

その他

飲食可能です。館内に自販機もあります。ただし、ごみはお持ち帰りください。

1階フロアには、Horibata Free Wi-Fi があります。

各フロアの紹介

1階

写真 説明
 

フリースペース

フリースペース

待ち合わせや休憩など、世代関係なく利用できます。

ラウンジ(利用者スペース)

ラウンジ

ホリバタ世代優先のスペースとなります。

おしゃべりや飲食、みんなでワイワイ勉強したいときなど

※ 折りたたみテーブル(キャスター付き)などがあるため、人数に合わせて自由にカスタマイズできます。

ミーティングコーナーA&B

MTCAMTCB

ホリバタ世代およびホリバタ登録団体が利用できるスペースとなります。

グループでの打ち合わせなど

※ AとB別々の利用も、仕切りを外して広く利用することも可能です。

※ 机も折りたたみ式(キャスター付き)のため、利用用途に合わせて自由にカスタマイズできます。

自習室

自習室

集中して一人で勉強したいときなど

備品使用スペース

備品使用

コピー機、印刷機、紙折り機、裁断機があります。

2階

写真 説明
 

多目的室1

多目的室

大人数の会議や作業など

※ 半面は広いテーブル、半面は折りたたみ式のテーブル(キャスター付き)があります。

多目的室2

多目的室2

複数グループでの作業やワークショップなどに

※ 移動させやすい広めの平テーブルがあります。

視聴覚室

視聴覚室

映像を使った会議など

※ 備え付けのスクリーンがあります。

※ 現在は、国勢調査の事務所となっているため、一般利用はできません。

要綱&様式

 この事業の実施について、要綱や申請様式は、以下よりダウンロードできます。

宇和島市青少年市民協働センター事業実施要綱[Wordファイル/15KB]

宇和島市立中央公民館備品使用申込書 [Wordファイル/9KB]

宇和島市青少年市民協働センター事業団体登録申請書[Wordファイル/13KB]

宇和島市青少年市民協働センター事業登録変更・抹消届[Wordファイル/10KB]

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


使用申請(各公民館)

生涯学習課
798-8601 愛媛県宇和島市曙町1番地
Tel0895-49-7032
Fax0895-22-5058
E-mail:gakushu@city.uwajima.lg.jp