ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 教育・社会活動 > 文化・生涯学習 > 文化施設 > 畦地梅太郎記念美術館・井関邦三郎記念館 > 畦地梅太郎下絵・版画展-版画の始まりと終わり-

本文

畦地梅太郎下絵・版画展-版画の始まりと終わり-

印刷用ページを表示する 記事ID:0062666 更新日:2021年8月6日更新

概要

三間町出身の版画家、畦地梅太郎の描いた下絵(原画)と、その下絵をもとに制作された木版画を並べて展示します。下絵と木版画を見比べることで、梅太郎が作品制作を行う際の工夫を味わっていただければ幸いです。

日時

令和3年8月6日(金曜日)~令和3年11月8日(月曜日)
休館日:毎週火曜日(祝日の場合は翌平日)

場所

畦地梅太郎記念美術館(井関邦三郎記念館併設)

対象

一般

料金

大人 300円、65歳以上・大学生・高校生 200円、中学生以下・身体障がい者手帳等をお持ちの方 無料

※山の日(令和3年8月8日(日曜日))に限り入館料無料。
  ただし、新型コロナウイルスの状況により中止となる場合があります。

定員

なし

持参物

なし

駐車場

あり(道の駅みまと共用)

申込(有無・方法)

なし

画像

畦地梅太郎下絵・版画展 ポスター

みちのえき みま

畦地梅太郎記念美術館 展示案内
井関邦三郎記念館

このページに関するお問い合わせ先
畦地梅太郎記念美術館
井関邦三郎記念館
〒798-1114
愛媛県宇和島市三間町務田180-1
Tel/Fax:0895-58-1133
Mail:azech-mui@city.uwajima.lg.jp

休館日:火曜日
    (祝休日の場合は翌平日)
     1月1日
開館時間:9時-17時
    (受付終了:16時30分)