ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

佐伯孝昭版画展-命をつなぐ-

印刷用ページを表示する 記事ID:0098714 更新日:2024年3月29日更新

概要

 佐伯孝昭(1941~)は、愛媛県西条市出身の版画家です。教職に就きながら、独学で銅版画を習得し、現在も県内外で活躍しています。
 郷土の自然・風物・生きる人々の姿を銅版画で詩情豊かに描いています。
 「美を追求するだけでなく、作品を通して様々な社会問題を世に問い、人々の生活が少しでも豊かになることに貢献したい。」と語る佐伯は、放射能・平和・人権・高齢者・命・温暖化・酸性雨など様々な社会問題をテーマにした作品も発表してきました。近年は、銅版画以外の技法も積極的に取り入れて、不穏な世界に生きる人間の姿を独自の視点で表現し続けています。
 今展では、初期の作品から近作まで、約50点を展示します。観る者に静かに語りかける佐伯の作品をご覧ください。

日時

会  期:2024年5月10日(金曜日)~2024年7月29日(月曜日)
休 館 日:毎週火曜日(祝日の場合は翌平日)
開館時間:9時~17時(受付は16時30分まで)

※やむを得ない事情により、会期などが変更になることがございます。

場所

〒798-1114 宇和島市三間町務田180-1
畦地梅太郎記念美術館(井関邦三郎記念館併設)

対象

一般

料金

大人 300円、65歳以上・大学生・高校生 200円、中学生以下・身体障がい者手帳等をお持ちの方 無料

※2024年7月21日(日曜日)に限り、入館料無料

定員

なし

駐車場

あり(道の駅みまと共用)

申込(有無・方法)

なし

画像

「佐伯孝昭版画展-命をつなぐ-」ポスター画像

問合先

畦地梅太郎記念美術館・井関邦三郎記念館
Tel:0895-58-1133

みちのえき みま

畦地梅太郎記念美術館 展示案内
井関邦三郎記念館
交通案内

このページに関するお問い合わせ先
畦地梅太郎記念美術館
井関邦三郎記念館
〒798-1114
愛媛県宇和島市三間町務田180-1
Tel/Fax:0895-58-1133
Mail:azech-mui@city.uwajima.lg.jp
休館日:火曜日
    (祝休日の場合は翌平日)
     1月1日
    ※臨時休館 有り
開館時間:9時-17時
    (受付終了:16時30分)