ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 市民の方へ > 医療 > 医療機関情報 > 宇和島市立津島病院 > 宇和島市立津島病院リハビリテーション科
トップページ > 市政情報 > 市役所・施設案内 > 医療・健康関連施設 > 宇和島市立津島病院 > 宇和島市立津島病院リハビリテーション科

宇和島市立津島病院リハビリテーション科

印刷用ページを表示する掲載日:2015年9月25日更新

リハビリテーション医療は、基本的動作能力の回復等を目的とする理学療法や、応用的動作能力、社会的適応能力の回復等を目的とした作業療法、言語聴覚能力の回復等を目的とした言語聴覚療法等の治療法より構成され、いずれも実用的な日常生活における諸活動の実現を目的として行われるものです。

当院では、理学療法と作業療法を実施しています。

スタッフ

 理学療法士3名、作業療法士2名、看護補助1名

診療時間

理学療法、作業療法

 午前 8時30分 ~ 午後 12時00分   午後 1時00分 ~ 午後 5時15分

物理療法

 午前 8時30分 ~ 午後 2時00分 (受付 : 午後 1時30分まで)

訪問リハビリテーション

 午前 8時30分 ~ 午後 12時00分   午後 1時00分 ~ 午後 5時15分

 

理学療法とは

理学療法室

理学療法とは、検査、測定/評価に基づき、何らかの疾病、傷害(スポーツを含む)などが原因となる機能、形態障害に対する運動療法による筋力、関節可動域、協調性といった身体機能の改善、および能力障害が残ったとき、基本的動作や日常生活活動を改善するための指導、そして社会生活を送る上で不利な要素を少なくするための福祉用具の選定や住宅改修・環境調整、在宅ケアなどが含まれます。

近年では、生活習慣病の予防、コントロール、障害予防も理学療法の対象になっています。

 

 

 

物理療法とは

物理療法

物理療法とは、温熱、水、光線、電気などの物理療法による疼痛、循環などの改善を図る治療科学です。

【物理療法機器】

干渉低周波治療器  SSP  低周波治療器  マイクロウェーブ  ホットパック  パラフィン浴装置

過流浴装置  ローラー式マッサージベッド  水圧式マッサージベッド  頸椎・腰椎牽引器

半導体レーザー治療器  メドマー  アイビス

 

 

作業療法とは

作業療法室

作業療法とは、身体または精神に障害のある方、またはそれが予測される方に対して、その主体的な活動の獲得を図るため諸機能の回復、維持および開発を促す作業活動を用いて行う治療・指導・援助を行うことをいいます。

作業療法の主な対象疾患は、脳血管障害、高次脳機能障害、脊髄損傷、骨折、リウマチなどがあげられます。

 

 

ご不明なことがございましたら、宇和島市立津島病院リハビリテーション科までお問い合わせください。