ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 市民の方へ > 子育て > 子育て支援 > ファミリー・サポート・センター > ファミリー・サポート・センター -事故への対応-
トップページ > 市民の方へ > ライフイベント > 子育て・教育 > ファミリー・サポート・センター > ファミリー・サポート・センター -事故への対応-

ファミリー・サポート・センター -事故への対応-

印刷用ページを表示する掲載日:2015年7月1日更新

 補償保険制度について

 会員の皆さんが万が一の事故に備えて、「サービス提供会員障害保険」「賠償責任保険」「依頼子供傷害保険」「研修・会合傷害保険」に、センターが一括して加入します。
 補償保険の保険料については、センターが負担します。

援助活動中に事故(移動中の交通事故・不慮の事故など)が生じたときは、ただちにセンターへ連絡してください。

サービス提供会員傷害保険    

 サポート会員が、本会の紹介による援助活動中や、援助活動のため自宅と援助を受ける利用会員の子ども宅や保育所などの往復途上(自宅との通常の経路)において、急激かつ偶然な外来の事故により傷害を被った場合に補償します。

事由補償額保険金をお支払いする場合
 
死亡500万円事故日より180日以内の死亡
後遺障害程度により20万から500万円事故日より180日以内の後遺障害発生
入院(1日)3,000円事故日より180日を限度
手術3,000円×所定倍率事故日より180日を限度
通院(1日)2,000円事故日より180日以内で90日分を限度

賠償責任保険

 サポート会員が、援助活動中の監督ミスや提供した飲食物などが原因で第三者の身体または財物に損害を与えたことにより法律上の賠償責任が生じた場合に負担する賠償金などを補償します。

事由補償額
 
対人・対物賠償(1事故につき)2億円
初期対応費用500万円
見舞金・見舞い品10万円
現金盗難10万円
お見舞金制度

 賠償責任保険で対応できない、利用会員の子どもがサポート会員宅の財物を破損したり、サポート会員の子どもにケガをさせた場合、サポート会員に対して30,000円を限度にお見舞金をお支払いします

依頼子供傷害保険    

利用会員の子どもが、援助を受けている間に、事故を被った場合、サポート会員の過失の有無にかかわらず補償します。

事由補償額保険金をお支払いする場合
 
死亡300万円事故日より180日以内の死亡
後遺障害程度により12万~300万円事故日より180日以内の後遺障害発生
入院(1日)2,000円事故日より180日以内を限度
手術2,000円×所定倍率事故日より180日以内を限度
通院(1日)1,000円事故日より180日以内で90日分を限度

※対象とならない事由もありますのでご注意ください。

研修・会合傷害保険

保険金の種類保険金額(補償額)保険金をお支払いする場合
 
死亡保険金300万円事故の日からその日を含めて180日以内に死亡した場合(事故により直ちに死亡した場合も含む)
後遺障害保険金後遺障害の程度により12万から300万円事故の日からその日を含めて180日以内に身体に後遺障害が生じた場合
※保険期間を通じ合算して死亡・後遺障害保険金額が限度
入院保険金(1日あたり)3,000円平常の業務に従事することまたは平常の生活ができなくなり、かつ事故の日からその日を含めて180日以内に入院した場合
※180日以内の入院に限ります
手術保険金3,000円×所定倍率(10倍、20倍または40倍)上記入院保険金が支払われる場合において、その治療のため、事故の日からその日を含めて180日以内に病院または診療所において所定の手術を受けた場合
通院保険金(1日あたり)2,000円平常の業務に従事することまたは平常の生活に支障が生じ、かつ事故の日からその日を含めて180日以内に通院(往診を含む)した場合
※上記180日以内の通院に限り90日限度

※団体が主催する研修・会合等における活動中(往復途上も含む)に被った急激かつ偶然な事故に外来の事故によりケガした場合に限ります