ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 危機管理課 > 【国土交通省】マイ・タイムラインかんたん検討ガイドの公表

【国土交通省】マイ・タイムラインかんたん検討ガイドの公表

印刷用ページを表示する掲載日:2020年7月10日更新

マイ・タイムラインとは

 マイ・タイムラインとは、大雨や台風のときに、自分自身が「いつ」、「何をするのか」を時系列で整理したものです。

 近年、全国的に局地的な集中豪雨や台風などの自然災害が多発しています。

 自然災害の発生を避けることはできませんが、大雨や台風は、地震と違い、市民一人ひとりが日頃からの備えや心構えによって被害を少なくすることができます。

 「自らの命は自らが守る」と考え、日頃おとずれる場所にはどのような災害リスクがあるか、防災情報をどのように入手し、どのような(避難)行動をとるのか、事前に確認しておき、災害からの逃げ遅れを0(ゼロ)にしましょう。

マイ・タイムラインのつくり方

 マイ・タイムラインは下の手順で作成します。

  1. 防災マップなどで日頃おとずれる場所の災害リスクを確認しましょう。
  2. 災害リスクに対応した避難先や避難先にもっていくものを確認しましょう。
  3. 気象情報や避難情報など防災情報の入手方法を確認しましょう。
  4. どのような(避難)行動をとるか、具体的にシミュレーションしてみましょう。

詳しくは、以下の資料を確認してください。

資料

  1. マイ・タイムラインかんたん検討ガイド(国土交通省)<外部リンク>
  2. マイ・タイムライン検討のためのワークショップの進め方【~ワークショップ虎の巻~】(国土交通省)<外部リンク>
  3. マイ・タイムラインガイド(国土交通省)<外部リンク>
  4. 宇和島市防災マップ(宇和島市)
  5. 須賀川洪水ハザードマップ(宇和島市)
  6. 洪水浸水想定区域一覧(愛媛県)<外部リンク>
  7. 水害リスクマップ(愛媛県)<外部リンク>
  8. 宇和島市避難勧告等の判断・伝達マニュアル(宇和島市)

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)