ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 市民の方へ > 消防・防災 > 市の取り組み > 宇和島市における「警戒レベル」の運用開始 ~避難勧告等の判断・伝達マニュアルの策定について~

宇和島市における「警戒レベル」の運用開始 ~避難勧告等の判断・伝達マニュアルの策定について~

印刷用ページを表示する掲載日:2019年5月29日更新

1.避難勧告等の伝え方が変わります!(水害・土砂災害・高潮災害)

国では、平成30年7月豪雨において、避難勧告等の危険度の認知が低かったことや様々な防災情報を十分活用できなかったことから、

災害発生のおそれの高まりに応じて、住民の避難行動を支援するため、「警戒レベル」に対応した防災情報を伝えることとしました。

「警戒レベル」と「とるべき行動」(愛顔のえひめ6月号)

 

2.避難勧告等の判断・伝達マニュアルの策定

市では、令和元年5月より新たな「避難勧告等の判断・伝達マニュアル」により運用いたします。

このマニュアルは、市域内で河川の氾濫や土砂災害、高潮災害、津波災害のように、多数の人的被害が発生するおそれのある災害に対して、市が「警戒レベル3 避難準備・高齢者等避難開始」、「警戒レベル4 避難勧告」、「警戒レベル4 避難指示(緊急)」及び「警戒レベル5 災害発生情報」(以下、「避難勧告等」という。)を適切に発令するための具体的な判断基準や伝達方法を定めたものです。

今後はこちらのマニュアルを適用し、避難勧告等を発令を検討いたします。

なお、本件は「避難勧告等に関するガイドライン(内閣府平成31年3月)」に準じ作成されています。

 

3.市民に求める避難行動

市が発令する避難勧告等が市民に求める避難行動と避難のタイミングについては、下のとおりです。

避難行動定義行動内容
市民に求める避難行動
立退き避難災害から身を守るため、現在地とは別の安全が確保された建物等に移動すること

・指定緊急避難場所への移動

・近隣の安全な建物等への移動

屋内安全確保屋内のより安全な場所で待避すること

・自宅2階以上での待避

・山と反対側の居室での待避

警戒レベル

(洪水、土砂災害等)

市民がとるべき行動市が発令する避難勧告等防災気象情報

 

避難のタイミング

警戒レベル5命を守る最善の行動

災害発生情報

※可能な範囲で発令

水位到達情報

土砂災害警戒情報

土砂災害警戒判定メッシュ情報

台風情報

気象注意報・警報

危険度分布

               等

警戒レベル4全員避難

・避難勧告

・避難指示(緊急) 

警戒レベル3

高齢者等は避難

他の市民は避難に備えた準備

避難準備・高齢者等避難開始
警戒レベル2自らの避難行動の確認(注意報)
警戒レベル1災害への心構えを高める早期注意情報(警報級の可能性)

 

4.避難勧告等の発令情報の伝達手段

市では、避難勧告等を発令した場合は、下の媒体で伝えることとしています。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)