ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

特定健康診査

印刷用ページを表示する 記事ID:0049685 更新日:2021年4月24日更新

 自分の身体のちょっとした異常を見つけるためには、毎年の健診が欠かせません。宇和島市健康づくり推進計画シンボルマーク
 特定健診では、メタボリックシンドロームに着目し「病気の芽」を見つけることができます。家族そろって特定健康診査・各種検診を受けましょう。
 「集団健診」または「個別健診」のどちらかで受診することができます。受診することができる回数は年度内に1回です。

集団健診

市が実施する日程・会場で、検診車などで健診を受ける方法です。

 令和3年度 宇和島市集団健診日程表および健診内容 [PDFファイル/1.01MB]

申込方法   令和3年5月6日(木曜日)から申込開始

電話で申込 

専用コールセンター:0120-489-355 (平日9時~17時)無料

Webで申込  (24時間申込可能)

Web QRコード  URL:https://www.kensinportal.jp/ehime/uwajima/2021

■対応ブラウザ
Safari 12.0以降
Google Chrome 74.0.3729以降
Microsoft Edge 42.17134.1.0以降

個別健診

 宇和島市指定の医療機関で健診を受ける方法です。仕事などの都合で集団健診が受診できない人へお勧めの方法です。

実施期間

 令和3年6月1日(火曜日)~令和4年2月28日(月曜日)

申込方法 

 指定医療機関へ直接お申込みいただくことで受診できるようになりました

 個別健診指定医療機関一覧 [PDFファイル/69KB]

 ※特定健康診査を受診の際は、6月上旬に送付される「特定健康診査受診券」が必要となります。

 ※後期高齢者健診受診希望の方は、受診希望日の10日前までに市へお申込みください。受診に必要な書類を郵送いたします。

後期高齢者健診申込先

 本庁 保険健康課 成人保健係 電話:0895-24-1111(内線2115)

 吉田支所 成人保健担当 電話:0895-49-7096

 三間支所 成人保健担当 電話:0895-49-7103

 津島支所 成人保健担当 電話:0895-49-7062

 

特定健康診査

【対象】

 今年度40歳以上となる宇和島市国民健康保険加入者特定健診へ行こう

 ※後期高齢者医療保険加入者には後期高齢者健診があります。詳しくはこちら。

【自己負担額】

 無料

【検査項目】

全員実施の項目

  • 身体計測(身長、体重、腹囲)特定健診検査項目
  • 診察
  • 血圧測定
  • 血液検査
  • 脂質検査 (HDLコレステロール・LDLコレステロール・中性脂肪)
  • 肝機能検査 (AST・ALT・γ-GTP)
  • 腎機能検査 (尿酸・クレアチニン)
  • 血糖検査 (HbA1c・血糖)
  • 検尿 (尿糖・尿蛋白・尿潜血)
  • 心電図検査

詳細な項目

  • 貧血検査 (医師の判断で追加)
  • 眼底検査(当年度の健診結果が基準該当の場合に医師の判断で追加)

※貧血検査・眼底検査は希望により実費で追加できます。(集団健診のみ)
※2018年度から心電図は全員実施項目となりました。
※生活保護法による被保護世帯の人は、集団健診当日、宇和島市役所生活支援課発行の『生活保護証明書』を持ってきていただき、受付時(保険証確認時)に提出することで「特定健診」と同様の健診を受けることができます。自己負担額は無料です。

後期高齢者健診

対象

 愛媛県後期高齢者医療保険加入者

自己負担額

 無料

検査項目

特定健康診査と同じ(腹囲測定を除く)
※ただし、心電図は詳細な項目扱いとなります。

※生活保護法による被保護世帯の人は、集団健診当日、宇和島市生活支援課発行の『生活保護証明書』を持ってきていただき、受付時(保険証確認時)に提出することで「後期高齢者健診」と同様の健診を受けることができます。自己負担額は無料です。

若年者健診(集団健診のみ)

対象

宇和島市民の人で今年度中に19歳~39歳になる人(S57.4.1~H15.3.31生まれの人)
※健康保険の種類にかかわらず受診することができます。

自己負担額

 1,000円

検査項目

全員実施の項目

  • 身体計測(身長、体重、腹囲)
  • 診察
  • 血圧測定
  • 血液検査
  • 脂質検査(HDLコレステロール・LDLコレステロール・中性脂肪)
  • 肝機能検査(AST・ALT・γ-GTP)
  • 血糖検査(HbA1c)
  • 検尿(尿糖・尿蛋白)

詳細な項目

  • 貧血検査(医師の判断で追加)
  • 眼底検査(当年度の健診結果が基準該当の場合に医師の判断で追加)
  • 心電図検査(当年度の健診結果が基準該当の場合に医師の判断で追加)

 ※貧血検査・眼底検査・心電図は希望により実費で追加できます。

このコンテンツを関連情報として登録しているコンテンツ

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)