ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

伊達博物館改築事業の概要

印刷用ページを表示する 記事ID:0079258 更新日:2022年9月5日更新

概要

 昭和49年に開館した伊達博物館の経年劣化は激しく、近い将来に起こるとされている南海トラフ巨大地震に対する耐震性もないため、宇和島が誇る歴史文化を安心して後世につなぎ、その魅力を国内外に発信するために新しい博物館を整備します。
 なお、新博物館は天赦公園内に移転し、現博物館敷地跡は建物解体後に児童向けの公園として整備する予定です。

建物概要

新博物館建物概要(基本設計時点)

博物館棟

主要構造

 鉄筋コンクリート(一部鉄骨構造)

 地上2階建て

博物館

棟床面積

  1階 約2,000平方メートル

  2階 約1,900平方メートル

 合計 約3,900平方メートル

博物館棟

主要室面積

 (1階)

 常設展示室 約330平方メートル

 研修室   約150平方メートル

 (2階)

 企画展示室 約390平方メートル

 収蔵庫   約400平方メートル

トイレ・カフェ棟  約150平方メートル
駐車場

 一般車

  建物西側      13台

  建物下        6台(障がい者用 2台)

  東側(現博物館側) 31台

事業費

総事業費

約45億円(税込)

財源

 
財源内訳 金額 備考
国庫支出金 約21億円   都市構造再編集中支援事業
市債 約21億円 

 合併特例事業債(充当率95%、交付税算入率70%)
  ⇒実質的な市負担額は約6.3億円

一般財源 約3億円   備品購入費、開館準備費、展示設計等

 ※市の実質的な負担額は約9.3億円

スケジュール

これまでの経緯

 
年月 内容 備考
平成31年3月  伊達博物館建替委員会開催 14回開催(平成31年3月~令和4年8月)
令和元年7月  基本構想策定 パブリックコメント実施
令和2年2月  基本計画策定 パブリックコメント、市民説明会(7回)実施
令和3年11月
 ~令和4年8月
 基本設計 パブリックコメント、市民説明会(7回)実施

 

今後の予定

 
年月 内容 備考
設計中~令和5年春  実施設計  
令和5年春~秋  トイレ・カフェ棟工事、遊具移設  
令和5年12月頃  既存トイレ解体  
令和6年~令和9年春  本体工事、展示製作業務、開館準備  
令和9年春  新博物館開館  
令和9年度以降  現博物館解体、児童公園整備  

 

完成イメージ

鳥瞰図

 

国道北側イメージ


 

伊達博物館ロゴの画像

伊達博物館ブログはこちらから
伊達博物館ブログへのバナー画像

伊達博物館公式 @datemuseum

次回の展示・イベント
これまでの展示・企画

  このページに関するお問い合わせ先
  宇和島市立伊達博物館
  〒798-0061 愛媛県宇和島市御殿町9番14号
  Tel:0895-22-7776 Fax:0895-22-7819
  Mail:date-mu@city.uwajima.lg.jp