ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 保健福祉部 > 保険健康課 > 高齢者の肺炎球菌感染症予防接種

本文

高齢者の肺炎球菌感染症予防接種

印刷用ページを表示する 記事ID:0072473 更新日:2022年4月1日更新

概要

 令和4年度中に65歳、70歳、75歳、80歳、85歳、90歳、95歳、100歳になる方は、肺炎球菌感染症に係る定期予防接種の対象者です。 対象となる方には4月初旬頃、個別にお知らせをお送りします。
 対象となる方は、通常かかる費用の半分程度の負担(4,000円)で接種することができます。
 期間は令和4年4月1日~令和5年3月31日の間であり、期間内であれば誕生日を迎えていなくても接種することは可能です。

内容

 高齢者の肺炎球菌予防接種は、65歳の方を対象に平成26年10月から定期接種化されましたが、平成26年10月時点で66歳以上だった方の接種機会を確保するため、平成26年~平成30年の間、各年度65歳、70歳、75歳、80歳、85歳、90歳、100歳になる方を対象に実施してまいりました。
 平成31年3月20日付で予防接種法施行令が一部改正され、接種率向上を目的として令和元年度から令和5年度の間においても、各年度65歳、70歳、75歳、80歳、85歳、90歳、95歳、100歳(令和元年度のみ100歳以上の方も対象)を迎える方を対象に実施することになりました。
 この制度は、これまで23価肺炎球菌ワクチン(ニューモバックスNP)を接種したことがない方を対象としております。対象の方が定期接種を受けられるのは、該当する年度の1年間のみに限られます。

対象者

接種日当日、宇和島市に住民記録がある方で以下(1)または(2)に該当する方が定期接種の対象になります。


 

(1)令和4年度中に以下の対象年齢を迎える方(接種日に誕生日を迎えていなくても、以下の生年月日に該当すれば接種可能)

令和4年度対象年齢一覧
 年齢 生年月日
65歳 昭和32年4月2日~昭和33年4月1日
70歳 昭和27年4月2日~昭和28年4月1日
75歳 昭和22年4月2日~昭和23年4月1日
80歳 昭和17年4月2日~昭和18年4月1日
85歳 昭和12年4月2日~昭和13年4月1日
90歳 昭和7年4月2日~昭和8年4月1日
95歳 昭和2年4月2日~昭和3年4月1日
100歳 大正11年4月2日~大正12年4月1日

 

(2)60歳~64歳以下(接種日当日)の方で、心臓、腎臓、呼吸器の機能、ヒト免疫不全ウイルスによる免疫機能に障がいを有する方(身体障害者手帳1級相当の障がいを有する方)

 

注意事項

 過去にニューモバックスNPの接種を受けたことがある方(自己負担で接種した場合も含む)は定期接種の対象とはなりません(過去にプレベナー13のみを受けている方は定期接種の対象になります)。

 例えば、(定期接種か否かにかかわらず)1回接種した後、5年後以降に再度接種する場合の費用は、定期接種とはならず全額自己負担となります。

 

接種料金

定期接種の対象の方は、自己負担4,000円です。

生活保護世帯の方は「保護証明書」の発行を受ければ、無料です。

 

接種方法

県内の医療機関で接種する場合

  • 電話等で接種を希望する医療機関に直接、接種日時等についてお問い合わせください。
  • 市から送られてきた「高齢者定期予防接種記録カード」と「予診票」をお持ちになり、医療機関で接種を受けてください。

 

県外の医療機関で接種する場合

  • 県外の医療機関等とはワクチン接種について契約関係にないため、市が「予防接種依頼書」(市から他の自治体や実施医療機関に対し、この接種を法定の予防接種として実施するよう依頼する文書)を発行する必要があります。必ず事前に申請を行ってください。
    なお、事前に申請せずに接種を受けた場合は定期接種としては取り扱えず、任意接種となります(費用助成はできません)。

 

県外の医療機関で予防接種を希望する場合の手続き

 

 

高齢者の肺炎球菌感染症予防接種について

 肺炎球菌感染症とは、肺炎球菌という細菌によって引き起こされます。この菌は、主に気道の分泌物に含まれ、唾液などを通じて飛沫感染します。日本人の約3~5%の高齢者では鼻や喉の奥に菌が常在しているとされます。これらの菌が何らかのきっかけで進展することで、気管支炎、肺炎、敗血症などの重い合併症を起こすことがあります。
​ 肺炎球菌には 93 種類の血清型があり、平成26年10月からの定期接種で使用される「ニューモバックスNP(23価肺炎球菌莢膜ポリサッカライドワクチン)」は、そのうちの23種類の血清型に効果があります。また、この23種類の血清型は成人の重症の肺炎球菌感染症の原因の64%を占めるという研究結果があります。