ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 市民の方へ > 消防・防災 > 平成30年7月豪雨関係 > 出水期に向けた災害防止対策の取組について

出水期に向けた災害防止対策の取組について

印刷用ページを表示する掲載日:2019年5月31日更新

 宇和島市では、平成30年7月豪雨災害からの復旧途上であること、今後も昨年のような集中豪雨や台風の襲来が懸念されることから、出水期における災害を防止するため、「出水期に向けた災害対策検討会議」において、関係機関との連携・協力のもと、河川・道路等の点検パトロールを踏まえた応急復旧などのハード対策や市民の防災意識の高揚などのソフト対策をとりまとめました。

 宇和島市では、平成30年7月豪雨災害を受けて、他にも様々な対策を講じています。
 出水期に向けて不安な点がある方は、お気軽にお問い合わせください。

  令和元年5月

  宇和島市長 岡原文彰

表紙  

河川対策  防災意識の高揚

出水期に向けた災害防止対策 [PDFファイル/4.86MB]   

1.ハード対策

1.河川

2.道路

3.砂防

4.がけ

5.ため池

6.漁港

7.被災した家屋等の公費撤去

8.ポンプ場

2.ソフト対策

1.防災意識の高揚

2.防災ラジオの点検

3.避難勧告等に関するガイドラインの改定

4.宇和島市二次災害緊急避難計画(暫定)

5.宇和島市土砂災害等防災訓練の実施

6.防災資機材、備蓄物資の点検、改善

7.土のう(災害対策・農地復旧用)

8.避難所の環境改善

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)