ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 市民の方へ > 新型コロナウイルス感染症関連情報 > 学校・子育て > 新型コロナウイルス感染拡大防止に向けた小中学校の一斉休業について

新型コロナウイルス感染拡大防止に向けた小中学校の一斉休業について

印刷用ページを表示する掲載日:2020年2月28日更新

新型コロナウイルス感染拡大防止に向けた小中学校の一斉休業について

 昨日(2月27日)、政府の新型コロナウイルス感染症対策本部が開催され、安倍首相から「何よりも、子どもたちの健康・安全を第一に考え、多くの子どもたちや教職員が、日常的に長時間集まることによる感染リスクに予め備える観点から、全国全ての小・中学校、高校等について、3月2日から春休みまで臨時休業を行うよう要請する。」との方針を示されました。

  また、愛媛県教育委員会からは、様々な準備が整わないことが想定され、児童生徒・家庭等の状況に応じた柔軟な対応をとる必要があることなどから、県立学校においては、3月4日から実施することとしており、市町教育委員会においても、県の措置を参考に、地域の実態、学校規模等に応じた適切な対応を取るよう通知があったところです。

  本日、臨時の校長会を開催し、政府の要請や愛媛県の方針等に基づき協議した結果、現時点では、県内において、新型コロナウイルスによる感染者は確認されておりませんが、国内での感染が拡大している状況から、市教育委員会としても、市内の全ての小・中学校を臨時休業することといたしました。ただし、実施日については、学校現場や子どもの居場所づくりにも準備が必要との判断から、3月4日といたしました。

 また臨時休業中に予定されている卒業式については、参加人数を最小限とし、時間も短縮するなど、必要な感染防止対策を講じたうえ実施する予定です。 

 一方で厚生労働省からは、学校が休業中の子どもの居場所づくりの観点から、保育所や放課後児童クラブについては、感染防止対策に十分留意しながら、原則として引き続き開所するとともに、春休みと同様の開所時間とするといった柔軟な対応を要請されていることから、感染防止対策の徹底を図りながら、既設の制度や施設等を活用して、一人親家庭等における子どもたちの居場所の確保に努めてまいります。

 なお、民間の企業活動等にも影響が見込まれますが、感染拡大を防止するための措置でありますので、ご理解を頂きますとともに、子どもを持つ保護者の方々が、休みがとりやすい環境づくりなどにご配慮をお願いします。

宇和島市長 岡原 文彰
宇和島市教育委員会教育長 金瀬 聡

臨時休業の期間(小・中学校) 

令和2年3月4日(水曜日)~3月25日(水曜日) 

※3月26日(木曜日)~4月7日(火曜日)は春季休業

※入学式は小学校4月8日(水曜日)、中学校4月9日(木曜日)

卒業式の予定

中学校

令和2年3月17日(火曜日)

小学校 

令和2年3月24日(火曜日) 

関連情報