ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 市民の方へ > 社会福祉 > 障がい者福祉 > オストメイト対応トイレ設置場所(宇和島市内)
トップページ > 分類でさがす > 市民の方へ > 社会福祉 > 地域福祉 > オストメイト対応トイレ設置場所(宇和島市内)

オストメイト対応トイレ設置場所(宇和島市内)

印刷用ページを表示する掲載日:2017年9月1日更新

オストメイトとは

 直腸がんや膀胱がんなどにより、臓器に機能障害を負い、腹部に人工的に排泄のための孔(ラテン語でストーマ)を造設した人のことです。 

 日常の排泄行為には様々な苦労があります。ストーマにパウチと呼ばれる補助具 (蓄便袋・蓄尿袋)を装着して、ある程度溜まったところでトイレに流すなどの方法で処理することになります。オストメイト対応トイレは、この処理を容易にするためのものです。
 詳しくは、「公益社団法人日本オストミー協会ホームページ」をご参照ください。

 市内では、「宇和島市役所(1階)、市立宇和島病院、道の駅みまコスモス館、道の駅きさいや広場」などに設置しています。

オストメイト対応トイレ

内部

↑「宇和島市役所1階に設置のオストメイト対応トイレ」