ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 市民課 > 納めた国民年金保険料は全額が社会保険料控除の対象です

納めた国民年金保険料は全額が社会保険料控除の対象です

印刷用ページを表示する掲載日:2019年9月12日更新

 国民年金保険料は所得税法及び地方税違法上、健康保険や厚生年金などの社会保険料を納めた場合と同様に、社会保険料控除としてその年の課税所得から控除され、税額が軽減されます。
 控除の対象となるのは、本年1月から12月までに納められた保険料の全額です。過去の年度分の保険料や追納された保険料も含まれます。
 また、ご自身の保険料だけではなく、ご家族(配偶者やお子様等)の負担すべき国民年金保険料を支払っている場合、その保険料も合わせて控除が受けられます。
 なお、本年中に納付した国民年金保険料について、社会保険料控除を受けるためには、年末調整や確定申告を行うときに、保険料を支払ったことを証明する書類の添付が必要となります。
 このため、本年1月1日から9月30日までの間に国民年金保険料を納付された方には、11月上旬に日本年金機構から「社会保険料(国民年金保険料)控除証明書」が送られる予定ですので、申告書の提出の際には必ずこの証明書または領収証書を添付してください。
 また、本年10月1日から12月31日までの間に、今年はじめて国民年金保険料を納められた方には、翌年の2月上旬に送られる予定です。
 税法上とても有利な国民年金は、老後はもちろん不慮の事故など万一のときにも心強い味方となる制度です。保険料は納め忘れのないようキチンと納めましょう。