ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 農業委員会事務局 > 農地利用状況調査(農地パトロール)の実施について

農地利用状況調査(農地パトロール)の実施について

印刷用ページを表示する掲載日:2018年6月13日更新

農業委員会では、

  • 地域における農地の利用状況の確認
  • 遊休農地の実態把握と発生防止・解消
  • 違反転用などの発生防止・早期発見

を目的として、毎年、市内すべての農地を対象として農地利用状況調査(農地パトロール)を実施しています。

農家のみなさまの圃場へ立ち入り調査することや、お話をお伺いすることもございますので、ご理解とご協力をお願いいたします。

 

調 査 期 間

毎年おおむね7月初旬から8月下旬

 

農地の適正な維持管理について

農業委員会では農地利用状況調査の結果を受けて、農地の農業上の利用の増進を図るための相談支援や指導も行っています。

農地の適正な管理を怠ると、耕作を再開する際に大変な手間と労力がかかります。

また、病害虫の発生源や粗大ゴミの不法投棄場所になるなどして、近隣農家の方や周辺住民の方に迷惑をかける場合もあります。

除草や耕起作業などにより、農地の適正な維持管理を図るよう心がけましょう。