ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

保育園の給食

印刷用ページを表示する掲載日:2020年5月26日更新

保育園の給食・栄養

 保育園の子どもたちの年齢はさまざまです。乳児から5歳児まで、成長著しい子どもたちが元気いっぱい生活をしています。そのため給食では、栄養バランスはもちろん、「食事の形態」「味付け」「アレルギー」「衛生面」などに配慮し、「美味しい」「楽しい」「安全・安心」なもの提供しています。また園では、給食を食育の「生きた教材」ととらえ活用しています。

給食の特徴

ポイント内容

 園では、管理栄養士と調理員が工夫を凝らし、旬・味・文化などを取り入れた給食を自園にて作っています。

一年を通し、食材が一番美味しく栄養価も高い「旬」。この時期を大切に食材を選びます。
天然だしを使い食材の味を生かした薄味で、味覚の発達を促します。
文化宇和島の食材(恵)や郷土料理を子どもたちに伝えていきます。
発達子ども一人ひとりの発達を大切にとらえ給食を作ります。
健康こころとからだの健康ために「食べる大切さ」や「選ぶ力」を伝えます。
人間関係保育者、お友達と楽しく食事をする中で、信頼感や愛情を育てていきます。
マナー楽しく食べる中に、挨拶や姿勢、お箸の持ち方などのマナーを大切にします。
「いただきます」「ごちそうさま」食べ物の命をいただくことを感謝する気持ちを育てます。また、食べ物を大切にする「もったいない」気持ちも育てます。
食の意欲楽しい盛り付け、屋外での食事、バイキング給食、行事食などによって、「食を楽しみ」「食べる意欲」を育てます。

一日に必要な栄養

 園では、3歳児未満で1日に必要な栄養の中の3分の1を昼食から、15%の栄養をおやつから摂取するように計算されています。
 また、3歳児以上では1日に必要な栄養の中の3分の1を昼食から、10%の栄養をおやつから摂取するように計算して、献立が作られています。食品も偏らず、様々な食品から栄養を摂取できるように構成されています。

円グラフで見る栄養配分(幼児1-2歳)

食事配分グラフ(幼児3~5歳)食事配分グラフ(幼児1~2歳)

保育園の給与栄養目標量

※令和2年4~9月

 エネルギーたんぱく質脂質カルシウムビタミンAビタミンB1ビタミンB2ビタミンC食物
繊維
食塩相当量
(Kcal)(g)(g)(mg)(mg)(μGre)(mg)(mg)(mg)(g)(g)
1歳-2歳443Kcal19.9g13.8g208mg2.2mg179μGre0.24mg0.26mg19mg2.9g1.4g
3歳-5歳549Kcal24.7g17.1g254mg2.4mg203μGre0.30mg0.34mg22mg3.4g1.5g

● 昼食とおやつの栄養目標量です。

保育園のおやつ

「おやつは幼児にとって食事の一部として大切なものです」

 幼児は、体の発育が旺盛で運動量も活発なため、たくさんの栄養が必要となります。
 しかし、幼児の胃は小さく、一度に大量の食べ物を摂取することができません。そのため、食事を分けることが必要となり、不足となる量を「おやつ」で摂取します。
 また、「おやつ」は、食事と違った楽しみやうるおいを与えるということから発育にも役立ちます。

《その他》

  • 水分補給することにより、脱水の予防にもつながります。
  • 次の食事に支障のない、消化のよいものとしています。また、甘味品に偏らないようにしています。
  • 手作りおやつを大切にしています。
  • 子どもたちの「楽しみな時間」となるようにしています。

スキムミルクの活用

 園では、飲み物や料理に「スキムミルク」を使用します。
 スキムミルクとは、牛乳から乳脂肪(バター)を除いて、保存性を高めるために乾燥させたものです。

 【スキムミルクの栄養】

たんぱく質アミノ酸組成のすぐれた乳たんぱく質で、子どもの発育・健康づくりに適しています。
カルシウム乳酸カルシウムで吸収率が50%と高く、優れています。
(吸収率が小魚30%、野菜18%に対して高い数値です)
ビタミンB2成長のビタミンといわれるB2を多く含んでいます。(発育の促進に役立ちます)口角炎や口荒れなどを除き、肝臓の働きをよくするなど、大切な働きをしています。
ヘルシー!

牛乳から乳脂肪を取り除いており、子どもの生活習慣病予防に役立ちます。

特別食への対応

  • 離乳食
    保育園では、一人ひとりの子どもの成長に合わせて離乳食を準備します。味覚の発達、咀嚼の発達を促せるように配慮しています。
  • アレルギー食
    食物アレルギーは、医師の診断書に基づき除去食・代替食にて対応をしています。
    尚、希望される場合は、医師の診断書の提出が必要になりますので、園にご相談ください。
    ※ ご家庭の協力が必要となる場合も合もあります。

その他のメニューはこちら

給食風景

食事の画像給食