ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

軽自動車税とは

印刷用ページを表示する掲載日:2017年6月20日更新

納税義務者

  1. 軽自動車税の納税義務者は、毎年4月1日(賦課期日)現在、軽自動車などを所有している人です。

  2. ここでいう軽自動車などとは、原動機付自転車、軽自動車、小型特殊自動車、二輪の小型自動車のことです。

  3. 自動車税と異なり、軽自動車税には月割課税制度がありません。よって、4月2日以降に軽自動車などを所有した場合は当年度分の税金はかかりませんが、4月2日以降に廃車などをしても当年度分の税金は納めることになります。

税率

税率

納付方法

  1. 市役所から納税通知書を送付しますので、5月末日までに納めてください。

軽自動車税の減免

  1. 身体障害者の人に対しては、軽自動車税の減免の制度があります。

(1)減免の要件

  1. 障害者本人が所有する軽自動車であること。ただし、身体障害者で年齢18歳未満の者または知的障害者、精神障害者にあっては生計を一にする者が所有する軽自動車等も該当します。

  2. 上記により生計を一にする者が所有する軽自動車等である場合または運転者が生計を一するものである場合には生計同一証明書の添付が必要となります。

  3. 障害者のみで構成される世帯の方で、障害者が所有する軽自動車を常時介護者が運転する場合は、常時介護証明書の添付が必要となります。

(2)減免申請の方法

  1. 申請期日
    納期限の7日前までに申請してください。(申請は毎年必要となります。ただし、障害者本人名義・本人運転の場合で、前年度、当市にて減免の適用を受けた車両等について変更ない場合は、この限りではありません。)

  2. 必要なもの
    軽自動車税申請書、軽自動車税の納税通知書、身体障害者手帳等、運転免許証、印かん、納税義務者の個人番号確認ができる書類。
    (該当する人のみ)生計同一証明書、常時介護証明書。

  3.  車椅子の昇降装置、固定装置など構造上身体障害者がおもに利用するためのものと認められた軽自動車についても、軽自動車税の減免を受けることができます。

軽自動車税の申告

 軽自動車などを取得したり、住所を変更したときなど申告事項に変更があった場合は15日以内、軽自動車などを廃車、譲渡した場合は30日以内に申告してください。

車種申告先必要なもの
原動機付自転車(125cc以下)
小型特殊自動車
取得
(販売店から購入したとき)
税務課
  1. 所有者と使用者の印かん
  2. 販売証明書
  3. 窓口にお越しになる方の本人確認できる書類(免許証等)
譲渡
(他人から譲り受けたとき)
●廃車がまだな場合
  1. 新所有者と使用者の印かん
  2. 譲渡証明書
  3. 窓口にお越しになる方の本人確認できる書類(免許証等)
●廃車済の場合
  1. 所有者と使用者の印かん
  2. 譲渡証明書
  3. 窓口にお越しになる方の本人確認できる書類(免許証等)
廃車
  1. 所有者と使用者の印かん
  2. 標識(ナンバープレート)
  3. 窓口にお越しになる方の本人確認できる書類(免許証等)
軽二輪愛媛運輸支局<外部リンク>左記にお問い合わせください。
二輪の小型自動車愛媛運輸支局<外部リンク>
軽四輪軽自動車検査協会 愛媛事務所<外部リンク>

このコンテンツを関連情報として登録しているコンテンツ

 

 


お問い合わせ先

市庁舎 税務課 諸税係
電話:0895-24-1111 (内線2528、2523)

吉田支所 税務係
電話:0895-52-1111 (代表)

三間支所 税務係
電話:0895-58-3311 (代表)

津島支所 税務係
電話:0895-32-2721 (代表)