ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 総務企画部 > 財政課 > 本庁舎新低層棟建設・高層棟耐震改修整備について

本文

本庁舎新低層棟建設・高層棟耐震改修整備について

印刷用ページを表示する 記事ID:0034225 更新日:2019年7月12日更新

 宇和島市では、今後発生が予想される南海トラフ巨大地震などに備え、各施設の耐震化整備を進めているところであります。
 本庁舎について耐震診断を行った結果、Is値が高層棟、低層棟ともに基準を満たさず耐震性能を有していないことから、高層棟は耐震補強を行い低層棟は新たに新低層棟を建設し、今後発生が予想される南海トラフ巨大地震等による大災害時においても、防災拠点としての機能向上を図るため、今年度から工事に着手することとなります。
 今後、工事が始まりましたら、市民・来庁者の皆さまには、ご不便ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解ご協力をお願いいたします。

 詳細につきましては、今後ホームページ等で随時お知らせさせていただきます。

外観イメージ

外観パース1外観パース2

整備概要

新低層棟建設

  • 規模:地上4階建て
  • 構造:鉄筋コンクリート造
  • 延床面積:4,570.00平方メートル

主な整備諸室

  • 議場・議会関係書室
  • 大会議室・小会議室
  • 執務室・機械設備室等

高層棟耐震・改修

  • 耐震補強
  • 液状化対策
  • 空調設備改修
  • エレベーター改修
  • 照明LED化等

災害対策整備

防災拠点としての機能確保

 現高層棟地下にある機械設備等を新低層棟高層階に新設

  • 受電設備・非常用発電設備
  • 火災報知設備・受水槽
  • 揚水ポンプ・中央監視盤等

予定事業期間

平成31年度~令和4年度

整備の概要は、下記資料をご覧ください。

本庁舎整備概要(A3-1)[PDFファイル/469KB]

本庁舎設計概要書[PDFファイル/4.08MB]

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)