ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 市民の方へ > 消防・防災 > 市の取り組み > 宇和島市地震津波避難訓練のお知らせ
トップページ > 分類でさがす > 市民の方へ > 消防・防災 > 自主防災組織・防災士 > 宇和島市地震津波避難訓練のお知らせ

宇和島市地震津波避難訓練のお知らせ

印刷用ページを表示する掲載日:2018年2月13日更新

宇和島市津波避難訓練実施 平成30年3月11日(日曜日)

 市では、「東日本大震災」などの津波による甚大な被害や愛媛県による南海トラフ大地震の想定を踏まえ、「自分の命は自分で守る」ことを第1に考え、宇和島市全域の避難訓練を実施しますので、この訓練を契機に各家庭で身の安全確保方法や避難場所・避難経路の確認を行いましょう。

実施日時

 平成30年3月11日(日曜日) 午前9時00分頃 (少雨決行)

 中止の場合は、午前6時50分頃に屋外放送設備と防災ラジオでお知らせします。

想定

 3月11日(日曜日)午前9時頃、高知県室戸岬南部を震源とする南海トラフ上で、マグニチュード9.0と推定される地震が発生し、宇和島市において震度7を記録し、大津波警報(東日本大震災クラス)が発表され、避難指示(緊急)が発令された。

行動

(1) 地震発生時の行動訓練~身の安全を確保しよう!

身の安全確保:午前9時頃に屋外放送設備、防災ラジオで訓練放送を行います。放送を聞いたら、1分間程度テーブルなどの下に身を隠し、落下物などから頭を保護するような安全確保訓練をしましょう。

(2) 津波避難訓練~急いで高台へ避難しよう!

~地震発生時行動訓練の後は、次の流れで避難しましょう~

1)避難行動開始:安全確保の後は、1分で揺れがおさまったことを想定し、すぐに近くの高台や浸水の恐れがないところへ避難しましょう。(宇和島市津波緊急避難場所等一覧を参考にしてください。)

2)避難経路などの確認:避難場所までの経路や危険個所の確認、避難に要した時間を確認しましょう。

3)非常用持出袋の確認:この機会に非常用持出袋を確認しましょう。 

※津波浸水想定区域外にお住まいの方は、ため池氾濫や土砂災害等の避難行動を行ってください。

(3) 自主防災連絡メールで情報伝達訓練をしよう!

情報伝達訓練:災害時には、「スマートフォンや携帯電話等」を使った、情報の取得や共有が重要になりますので、ぜひ、この機会に自主防災連絡メールによる情報伝達訓練に参加して下さい。

 ※宇和島海上保安部が、航空機(ヘリコプター)離発着訓練を市立宇和島病院のヘリポートで予定しています。