ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 市民の方へ > 消防・防災 > 災害情報 > 一部地域で飲用水として使用できるようになりました

一部地域で飲用水として使用できるようになりました

印刷用ページを表示する掲載日:2018年8月10日更新

宇和島市水道局および南予水道企業団からのお知らせ

試験通水の状況について

 吉田・三間地区の代替浄水施設完成後、両地区とも試験通水を行いながら、通水区域の拡大に努めてきた結果、8月9日現在で、吉田地区奥白井谷地区以外の地域で99%、三間地区全域で100%への生活用水の配水が可能となりました。

吉田地区:奥白井谷地区を除き飲用可

 並行して、濁水の解消や環境基準への適合対策など、水質の確認を行ってきましたが、奥白井谷地区を除く吉田地区においては、基準等をクリアできたことから安全と判断し、本日8月10日(金曜日)から、飲用水としての使用が可能になりましたのでお知らせします。

 なお、奥白井谷地区については、土砂災害の影響が甚大であり、鋭意、対策工事を行っておりますが、完了までに、今暫く時間を要しますので、何卒御理解をお願いいたします。

三間地区:水質検査継続中(飲用不可)

 また、三間地区については、新たな水源(中山池)からの取水であることから、南予水道企業団において、試験通水を継続しながら、水質を安定させるための調整を行っております。追ってお知らせするまでは飲用には使用しないでください。引き続き、生活用水として使っていただきますようお願いします。

 
 両地区の皆様には、豪雨災害の発生以降、長く続いた断水により大変なご不便をおかけしておりますが、御説明してきたとおり、当面の給水能力は60~70%にとどまりますので、引き続き、断水回避のために、可能な限りの節水に御協力くださいますようお願い申し上げます。

問合先

  • 宇和島市水道局TEL:0895-22-5265
  • 南予水道企業団TEL:0895-25-3222