ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 生活・くらし > 土地・住宅 > 住宅支援・マイホーム > ブロック塀に係る取扱い運用基準について

本文

ブロック塀に係る取扱い運用基準について

印刷用ページを表示する 記事ID:0044001 更新日:2020年8月6日更新

愛媛県内におけるブロック塀に係る取扱い運用基準について

 愛媛県建築物安全安心マネジメント協議会では、過去の地震による死亡事故の発生等を教訓に、再び同様の事故を発生させないため、法令に定める規準の再確認を行うとともに、その取扱いの統一を図り、もって県民および本県を訪れる人すべてが安全に安心して暮らし、滞在することができるまちの実現を図ることを目的として、「愛媛県内におけるブロック塀に係る取扱い運用基準」を制定しました。

愛媛県内におけるブロック塀に係る取扱い運用基準[PDFファイル/2.55MB]

リーフレット「ブロック塀を設置している皆さまへ」[PDFファイル/835KB]

建築確認申請時の図面への記載例について(敷地内のブロック塀等の状況の記載方法)

 建築基準法第6条に基づく建築確認申請書の提出があったとき、敷地内にブロック塀がある場合は、既存建物の状況を確認するのと同様に、設計者に対し、ブロック塀の状況の確認を求めることとしました。

建築確認申請図面(敷地配置図等)への記載例[PDFファイル/281KB]

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)