ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 市民の方へ > 新型コロナウイルス感染症関連情報 > 事業者支援 > 【新型コロナウイルス感染症対策】小規模事業者持続化補助金における支援措置について

【新型コロナウイルス感染症対策】小規模事業者持続化補助金における支援措置について

印刷用ページを表示する掲載日:2020年6月4日更新

【新型コロナウイルス感染症対策】小規模事業者持続化補助金における支援措置について

 商工会議所・商工会で同補助金を申請するにあたり、下記条件に当てはまる場合は、支援措置を受けられます。

 対象事業者であることの証明書を市役所商工観光課にて発行いたしますので、必要書類を提出してください。

 支援措置の内容と申請フロー [PDFファイル/131KB]

対象期間

  • 小規模事業者持続化補助金(一般型)における、売上減少10%以上の事業者に対する加点措置については、第2回締め切り(令和2年6月5日)をもって終了します。
  • 小規模事業者持続化補助金(コロナ特別対応型)における、売上減少20%以上の事業者に対する概算払いについては、第2回締め切り(令和2年6月5日)以降も申請可能です。概算払いをご希望の場合は、売り上げが減少したことがわかる証明書を補助金の申請書に添付してください。詳しくは以下をご覧ください。

小規模事業者持続化補助金(一般型)

対象者

  1. 創業後3箇月以上1年未満・・・最近1箇月の売上が直前3箇月の売上平均比10%以上減の事業者
  2. 創業後1年以上経過 ・・・・・・・・最近1箇月の売上が前年同月の売上比10%以上減の事業者

補助金の加算措置に必要な書類

 下記ア・イのいずれか

  ア 新型コロナウイルス感染症の影響による売上減少の証明申請書 

  イ 売上が10%以上減少したことがわかる既存の認定証等の写し

 ※書類イの例

小規模事業者持続化補助金(コロナ特別対応型)

対象者

  1. 創業後3箇月以上1年未満・・・最近1箇月の売上が直前3箇月の売上平均比20%以上減の事業者
  2. 創業後1年以上経過 ・・・・・・・・最近1箇月の売上が前年同月の売上比20%以上減の事業者

補助金の加算措置に必要な書類

 下記ア・イのいずれか

  ア 新型コロナウイルス感染症の影響による売上減少の証明申請書 

  イ 売上が20%以上減少したことがわかる既存の認定証等の写し

 ※書類イの例

書類ア(売上減少の証明申請書)提出の流れ

 上記書類イをお持ちでない場合は、次の通り書類ア(売上減少の証明申請書)をご提出ください。

 申請フロー [PDFファイル/131KB]

 (1)売上減少の確認 (窓口 : 金融機関または商工会議所・商工会)

  • 証明申請書を提出する。
  • 窓口で確認を受け、担当者の確認印を受ける。

    ※確認書類(決算書、確定申告書、試算表等)が必要な場合があります。

      詳細は確認窓口へお問い合わせください。

 (2)証明書の発行 (窓口 : 市役所商工観光課)

  • 確認印を受けた申請書を提出する。    
  • 市長印押印後の証明書を受け取る。

    ※確認書類等の添付は不要です。

 (3)補助金の申請 (窓口 : 商工会議所・商工会)

  • 証明書を補助金申請時にあわせて提出する。

注意事項

  • 毎月の締めが末日でない場合は、該当する期1箇月の売上高を記入してください。(1月20日から2月19日、2月5日から3月4日など)

  • 法人の場合は、代表者印を押印してください。

様式ダウンロード

関連情報

小規模事業者持続化補助金(一般型)の申請についてはこちら

小規模事業者持続化補助金(コロナ特別対応型)の申請についてはこちら

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)