ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

子育て応援給付金

印刷用ページを表示する掲載日:2020年6月2日更新

子育て応援給付金

令和2年度から、子育て応援給付金と乳幼児養育手当を一本化し、子育て応援給付金の対象を2歳児までに拡充して支給します。
 

対象となる児童

新生児、満1歳児、満2歳児
 

支給条件

基準日(※)において対象となる児童を養育し、かつ、1~3の条件をすべて満たす方が対象となります。

  1. 本市に基準日までに継続して6ヵ月以上居住し、引き続き1年以上居住する意思がある。
  2. 生活保護を受けていない。
  3. 市税、国民健康保険料、保育料及び幼稚園授業料の滞納がない。

(※) 基準日:児童の出生の日、1歳に達する日または2歳に達する日
 

支給額

区分支給額
 
新生児10万円/人
満1歳児5万円/人(第3子以降は10万円)(※1・※2)
満2歳児5万円/人(第3子以降は10万円)(※1)

(※1)「第3以降」とは、18歳に達する日以後における最初の3月31日までにある子のうち、3番目以降をいう。

(※2)乳児養育手当を受給されていた場合、満1歳児の子育て応援給付金については、乳児養育手当の総支給額と5万円(第3子以降は10万円)との差額が支給額となる。
 

手続き方法

新生児については、出生届の提出時にお手続きください。
また、満1歳児及び満2歳児については、各誕生月に対象者に通知しますので、お手続きください。

なお、申請の後、支給可否を確認した上で支給となります。
 

申請期限

基準日の翌日から起算して6ヵ月以内
 

その他

乳児養育手当は、令和2年3月31日までに受給資格の認定を受けている場合に限り、この資格を喪失するまでの間、これまでの制度により支給します。