ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 生活環境課 > ごみの分類と出し方(津島地区)

ごみの分類と出し方(津島地区)

印刷用ページを表示する掲載日:2018年4月2日更新

市が収集するもの

市が収集しないもの

環境センターで処理できないもの

資源の回収(一部の自治会・団体のみ)


午前6時~8時30分までの間に出しましょう。

ごみステーション(ごみを出す場所)は地元で管理しています。自分が利用するごみステーションについては、地元の自治会などで確認してください。

1回に出せるごみは、ごみ袋3袋までです。


プラスチック類は「燃えるごみ」で出しましょう!

以前はダイオキシンなどの有害物質の発生を抑えるため燃えないごみとして処理していましたが、広域処理施設では、プラスチック類は燃えるごみとして熱回収(サーマルリサイクル)しています。
例.洗剤・シャンプー容器、菓子袋、レジ袋、洗面器、紙おむつ、プラスチック製タッパーなど

白色トレーはスーパーなどでの回収をご利用ください。

問い合わせ先

津島支所福祉環境係 Tel 0895-32-2721
 

※直接持ち込みに関すること

 宇和島地区広域事務組合環境センター Tel 0895-49-5040

市が収集するもの

地区名をクリックするとカレンダー(PDFファイル)を開きます。

 燃えるごみ燃えないごみ
(第2・4週)
びん・缶
(第1・3・5週)
ペットボトル古紙類
岩松地区月・木第1・3水第2火
清満地区月・木第1・3水第3火
御槙地区月・木第1・3水第4火
上槙地区月・木第1・3水第4火
畑地地区火・金第2・4水第2月
下灘地区火・金第2・4水第3月
北灘地区火・金第2・4水第4月
南部地区火・金第2・4水第3月

「燃えるごみ」は祝日も収集します。
※古紙類は、雨天・祝日の場合は、月曜日の収集地区はその週の木曜日火曜日の収集地区はその週の金曜日に延期します。

 燃えるごみ燃えないごみびん・缶ペットボトル古紙類
竹ヶ島第1金
雨天は第2金

※市の収集船で収集するため、悪天候などのため運航できない場合があります。

燃えるごみ

【種類】生ごみ類、落ち葉・木くず、衣類、プラスチック類

【出し方の注意点】

       廃食用油を持ち込むことができる施設
        津島支所、公民館(岩松・清満・御槙・畑地・北灘・下灘)

指定ごみ袋  大40円/枚 小20円/枚
燃えるごみ

燃えないごみ

【種類】陶磁器・ガラス類・小型家電(指定ごみ袋に入る程度)・その他(かさ・電球など)

【出し方の注意点】

指定ごみ袋  大40円/枚 小20円/枚
燃えないごみ

ペットボトル

【種類】ペットボトルには右の識別表示マークが表示されており、収集するものはこのマークが付いたものに限ります。ペットボトルマーク

【出し方の注意点】

  • キャップとラベルは必ずはずしてください。(キャップとラベルは燃えるごみです)
  • ボトルを軽くすすいでください。
  • ペットボトルの中に異物が入っているとリサイクルできません。
  • PETボトルリサイクル推進協議会<外部リンク>

指定ごみ袋  大40円/枚 小20円/枚
ペットボトル

びん・缶

【出し方の注意点】

  ■ びん

  • キャップを必ずはずして、中を軽くすすいでください。
    ※プラスチックのキャップは「燃えるごみ」、金属製のキャップは「燃えないごみ」です。
  • ガラス食器(コップ・皿)、耐熱ガラス(哺乳びんなど)、陶器(茶わん、湯飲み)は対象外です。「燃えないごみ」の袋に入れて出してください。

  ■ 缶

  • 中を軽くすすいでください。
    ※スプレー缶・カセットボンベは使い切り、風通しのよいところで、必ず穴をあけて出してください。

指定ごみ袋  大40円/枚 小20円/枚
びん・缶

市が収集しないもの

  • 事業系ごみ
    事業活動にともなって生じるごみ
     
  • 粗大ごみ
    自転車、電気製品(指定ごみ袋に入らないサイズ)、家具、ふとんなど
     
  • 多量ごみ
    1度に多量に出るごみ。3袋を超えるごみ。
     

広域事務組合環境センターに直接持ち込むことができます(有料です)。 [PDFファイル/751KB]

   【搬入日】 月曜日~土曜日(祝日、年末年始は休みです)
   【搬入時間】 午後1時~午後4時30分まで
 

一般廃棄物収集運搬許可業者に依頼してください。(有料です)

宇和島市一般廃棄物収集運搬許可業者

平成30年4月1日現在

燃えるごみ・燃えないごみ・粗大ごみ燃えないごみ・粗大ごみ
(株)イナミコーポレーション0895-25-7003(株)浅田環境開発0895-65-9270
(有)エヒメ都市衛生社0895-27-0452エコハウスハヤシ0895-27-0709
(有)エヒメ都市開発0895-27-1830クリーンセンターまこと0895-22-3352
愛媛環境開発0895-28-6559廃棄物収集運搬船所有業者
(有)小川電機商会0895-23-5558渡辺プラスチック造船(有)0895-32-2959
(株)ガイヤエクスプレス0895-49-6888 
(株)かたづけ本舗090-3183-9291
サン・エコ・サービス0895-23-5161
(有)シトラス0895-27-2335
(株)城南開発0895-27-0476
末光運送(株)0895-22-0717
(有)松本興業0895-28-0142
(有)丸市環境開発0895-25-2236
(株)南開発0895-84-3232
(有)山本建設0895-24-1417
(名)赤坂商事0895-52-0172
(有)アイ浄化センター0895-58-4730
鬼北リサイクル(株)090-1175-9377
南国商事(株)0895-32-5858
渡辺プラスチック造船(有)0895-32-2959

環境センターで処理できないもの

有害性のあるもの(農薬・毒物・劇物など)

自動車用ゴムタイヤ、バッテリー、土、農業用ビニールシート、廃油、ドラム缶、建設廃材、スプリングマットレス、プロパンガスボンベ、電気温水器、農薬、太陽熱温水器

使用済み二輪車
公益財団法人 自動車リサイクル促進センター<外部リンク>
消火器
消火器リサイクル推進センター<外部リンク>

危険性のあるもの
引火性のあるもの
著しく悪臭を発するもの
液状のもの
幅1m×高さ80cm×長さ2.5m以上のもの
直径10cm以上、長さ1m以上の木等
注射針等鋭利な感染の恐れのあるもの
家電リサイクル対象機器

テレビ、エアコン、冷蔵庫、冷凍庫、洗濯機、衣類乾燥機
家電4品目の「正しい処分」早わかり!<外部リンク>

これで解決!家電リサイクル<外部リンク>

販売店に引き取ってもらうか、専門業者へ依頼してください。

資源の回収 

品目ごとにひもで十文字にしばってください。
光沢のある特殊加工をした紙袋は、燃えるごみとして出してください。

 古紙類
岩松地区第2火
清満地区第3火
御槙地区第4火
上槙地区第4火
畑地地区第2月
下灘地区第3月
北灘地区第4月
南部地区第3月
竹ヶ島第1金

※古紙類は、雨天・祝日の場合は、月曜日の回収地区はその週の木曜日火曜日の回収地区はその週の金曜日に延期します。延期した日も雨、祝日の場合は、翌月の回収日まで回収を延期します。なお、雨天による延期の場合は、当日午前6時50分ごろに防災無線でお知らせします。竹ヶ島は、雨天の場合は、第2金曜日に延期します。

【持ち出し時間】当日の午前8時30分まで(時間厳守)

古紙類は種類ごとにひもで十文字にしばってください。(※バラで出されたものは回収できません。)

回収品目注意すること
新聞新聞折込チラシは新聞と一緒に出してください。
冊子のようになっているチラシは、雑誌として出してください。
ビニール袋などに入れて出さないでください。

 ダンボールダンボール

持てる大きさに畳んで出してください。畳んでいないものは回収できません。
ホッチキス・ガムテープは取り除いてください。
金色・銀色などで印刷されているものは回収できません。
アルミ箔のついたもの・ワックス加工されたものは回収できません。

 紙パック牛乳パック

牛乳パックなどの飲料用紙パック
合わせ目を開き、水洗いして乾かして出してください。
アルミ箔のついたものは回収できません。

 雑誌・雑がみ雑誌

絵本または百科事典などの紙製以外の厚表紙は、取り除いてください。
ビニール・ナイロン等は取り除いてください。
箱は開いて出してください。
光沢のある特殊加工をした紙袋は、燃えるごみで出してください。
紙袋の取っ手が紙以外のものは、取り除いてください。

※雑がみは紙袋に入れて口をしばる。(雑誌の間に、はさんでもかまいません。)

雑がみについて詳しくはこちら

毎月4の付く日(4・14・24日)は市役所で古紙回収をしています。

毎月第2火曜日は鶴島公民館で古紙回収をしています。(モデル事業)

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)