ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 事業者の方へ > 税金_事業者 > 市県民税 > 消費税の軽減税率制度

本文

消費税の軽減税率制度

印刷用ページを表示する 記事ID:0044845 更新日:2020年8月31日更新

消費税の軽減税率制度について

軽減税率制度

 令和元年10月1日から、消費税率及び地方消費税率を合わせた税率が8%から10%へ引き上げられ、税率の引上げと同時に、消費税の軽減税率制度が実施されることとなりました。

  令和元年10月1日以後
標準税率 軽減税率
消費税率 7.8% 6.24%
地方消費税率 2.2% 1.76%
合計 10.0% 8.0%

↓↓軽減税率制度の情報

軽減税率制度とは(リーフレット等)

軽減税率の対象品目

  1. 酒類・外食を除く飲食料品
  2. 週2回以上発行される新聞(定期購読契約に基づくもの)

飲食料品

 軽減税率の対象品目である「飲食料品」とは、食品表示法に規定する「食品」をいいます。なお、軽減税率の対象品目である「飲食料品」とは、人の飲用又は食用に供されるものをいいます。

対象品目の売上げ・仕入れがある事業者の人へ

 これまでの記載事項に税率ごとの区分を追加した請求書等(区分記載請求書等)の発行や記帳などの経理(区分経理)を行っていただくこととなります。
(注意1)請求書等には、記載事項を満たす領収書や納品書、小売業者が交付するレシートなど取引の事実を証する書類も含まれます。
(注意2)軽減税率の対象商品の売上げがある免税事業者の人も、区分記載請求書等の交付を求められる場合があります。

課税事業者の人へ

 課税事業者の人は、仕入税額控除のため、帳簿と区分記載請求書等の保存が必要となります。

消費税軽減税率制度説明会について

 同制度では、軽減税率対象品目の売上がなくても、会議費や交際費等として飲食料品を購入する場合には、区分経理(記帳)を行い、これに基づき消費税申告書を作成することが必要です。

 宇和島税務署では、事業者の人を対象として、消費税の軽減税率制度に関する説明会を次の日程で開催します。説明会では、日々の記帳から、決算経理、申告書の作成まで一連の流れを解説します。

開催日 開催時間 開催場所
令和元年11月18日(月曜日)

午後1時30分から

午後3時まで

(90分)

松野町山村開発町民センター

(北宇和郡松野町大字松丸343番地)

令和元年11月19日(火曜日)

鬼北町中央公民館 3階 大会議室

(北宇和郡鬼北町大字近永800番地1)

令和元年11月25日(月曜日)

宇和島市役所 地下会議室

(宇和島市曙町1番地)

令和元年12月6日(金曜日)

愛南町役場 3階 大会議室

(南宇和郡愛南町城辺甲2420番地)

令和元年12月11日(水曜日)

宇和島税務署 2階 大会議室

(宇和島市堀端町1-38)

軽減税率制度の詳細

 軽減税率制度についての詳しい情報については、国税庁ホームページ内の特設サイトをご覧ください。

お問い合わせ先

 宇和島税務署(0895-22-4511)
 (注意)自動音声で案内します。2番を選択してください。