ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 市政情報 > 市の取り組み > ふるさと納税 > ふるさとうわじま応援事業を募集します

本文

ふるさとうわじま応援事業を募集します

印刷用ページを表示する 記事ID:0032910 更新日:2021年6月25日更新

宇和島市では、ふるさとうわじま納税制度により全国から寄せられた寄附金を「ふるさとうわじま応援基金」として積み立てています。
この基金の使い道として、市内で活動する民間団体などが令和4年度に実施する「ふるさとうわじま応援事業」の提案を広く募集します。
皆さんのアイデアを活かした提案をお待ちしています。

 

ふるさとうわじま応援事業の概要

対象団体(実施主体)

  1. 自治会などのコミュニティ団体
  2. 商工会議所、商工会、農業協同組合、森林組合、漁業協同組合等の産業経済団体
  3. 文化協会、体育協会等の文化スポーツ団体
  4. 地域づくり事業を実施する非営利活動法人、地域づくり団体、実行委員会、協議会 など

 

対象となる事業

令和4年4月1日から令和5年3月31日までの期間に実施し、以下の事業区分に該当する事業が対象です。

≪環境≫ 環境保全に関する事業

自然保護や生態系の保全、太陽光エネルギーやバイオマスエネルギーなどの導入など、豊かな自然と共生する快適で安全なまちづくりに向けた取り組み

≪やさしさ≫ 安心、思いやりのあるまちづくりに関する事業

すべての市民が住み慣れた地域で支え合いながら健康で安心して暮らせるように、地域福祉を推進する多様な人づくりや基盤の整備に向けた取り組み、防災・災害時の対応の充実を図るなどの取り組み

≪教育≫ 未来を担う子どもたちの育成に関する事業

子どもたちが安全に安心して伸び伸びと活動できる環境づくりや、特色ある教育活動の推進を図る取り組み

≪歴史文化≫ 歴史、文化の保存および継承に関する事業

現存天守12城である宇和島城をはじめ有形無形の文化財や地域の伝統文化を後世に残していくための取り組み

≪産業振興≫ 地域の特性を活かした産業の振興に関する事業

新たな特産品の開発や市場の開拓、後継者育成のための環境づくり、商店街の活性化などの取り組み

≪その他≫ 市の発展のために市長が適当と認める事業

 

 

対象とならない事業

  1. 特定の個人・法人の利益増進など公益性を有しない事業
  2. 各種施設の運営・維持管理等の事業
  3. 過去にこの補助金の交付を受けている事業
  4. そのほか、市長が適当でないと認める事業

 

補助率および補助限度額

  1. 補 助 率:補助対象経費の5分の4以内
  2. 補助限度額:500万円
    ※ただし公共性・公益性が特に高く、先進性があり、十分な効果が期待できると市長が認める提案に対しては、補助対象経費の全額を補助する場合もあります。

 

補助対象にならない経費

  1. 経常的な経費(事務費、人件費、維持補修費、交際費、償還金利子および割引料など)
  2. 用地取得費および設計費
  3. そのほか、市長が不適切と認める経費

 

募集について

募集期間

令和3年9月30日(木曜日)まで

 

応募方法

以下の書類を持参もしくは郵送で提出してください。

  1. 申請書、収支予算書(様式第1号)
  2. 団体構成員名簿(様式任意)
  3. その他参考資料(様式任意)
    団体規約、活動履歴など

※提案にかかる費用は、提案者が負担してください。

 

申請書様式

ふるさとうわじま応援事業費補助金認定申請書 [Wordファイル/17KB]
ふるさとうわじま応援事業費補助金認定申請書 [PDFファイル/109KB]

※市長公室で配布も行っています。

 

応募・問い合せ先

〒798-8601 宇和島市曙町1番地 
宇和島市役所市長公室シティセールス推進係(ふるさと納税担当)
電話番号:0895-24-1111(内線2417) 
メール:furusato@city.uwajima.lg.jp


一般提案募集要領 [PDFファイル/897KB]もご確認ください。

 

審査の流れ

一次審査(10月)

「ふるさとうわじま応援事業」の趣旨に沿っているか等を審査し、事業担当課を選定します。

提案の具体化

事業担当課のアドバイスを受けながら、提案を具体化させます。

二次審査(11月下旬予定)

提案者本人によるプレゼンテーションを行います。

採否の決定(12月)

提案者全員に結果を通知します。

事業実施(令和4年度)

事業開始前に補助金交付申請書、事業完了後に実績報告書の提出が必要です。

(提案が採択された後に、詳しくご説明します。)

実績報告書の提出後、補助金の額が確定し、補助金を交付します。

 

過去の事例

これまでに本制度を活用し、民間団体が実施した事業をご紹介します。

環境

  • 豊かな里山づくり事業≪平成22年度≫

やさしさ

  • 地元情報誌を点字にして発行する事業≪平成28年度≫
  • 竹ケ島浮桟橋設置事業≪平成28年度≫
  • 障がいのある人もない人も一緒に写真を楽しむワークショップ≪平成28年度≫
  • 子ども食堂備品購入≪平成31年度≫

教育

  • うわじま子ども観光大使≪平成27年度≫
  • 蒲鉾板の工作教室≪平成28年度≫

歴史文化

  • 歴史文化啓発冊子製作事業≪平成30年度≫

産業振興

  • 宇和島産みかん皮を活用した環境保全に関する研究開発事業≪平成22年度≫
  • 豊穣の海、再び(宇和島市の在来海藻である「クロメ」の栽培)≪平成25年度≫
  • 戸島ブリ販売促進事業≪平成27年度≫
  • 中山池自然公園イルミネーション拡充≪平成29年度≫
  • 宇和島新食文化発信事業(うわじまピザの開発)≪平成30年度≫
  • 吉田伊達広場イルミネーション事業≪令和2年度≫

その他

  • 離島連合海婚事業≪平成27年度≫

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)