ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

御槙ガーデンバナー<外部リンク>

こもねっとバナー<外部リンク>

奥南のコトバナー<外部リンク>

岩松町並み保存会バナー

おんがくどうバナー<外部リンク>

段畑を守ろう会バナー<外部リンク>

石応・白浜青年団バナー<外部リンク>

島婚バナー<外部リンク>

地活のススメfacebookバナー<外部リンク>


地域おこし協力隊 御槇地区

印刷用ページを表示する掲載日:2017年9月25日更新

●御槇地区地域おこし協力隊●

大矢 夏己さん

photo

 

【自己紹介】

はじめまして。平成29年5月より津島町御槇地区に着任いたしました、新潟出身の大矢夏己(おおやなつき)です。

私の主な任務は、閉園になった旧御槇保育園を活用した農家レストラン兼宿泊施設「みまきガーデン」の運営

サポートです。

 

【活動目標・意気込み】

みまきガーデンでは、宿泊施設としてスポーツ合宿や泊まり込みでの研修場所、お墓参りなどで御槇に帰省された

方にご利用いただいたり、レストランとして、御槇産の食材をふんだんに使用したランチの営業、また週に一回一人

暮らしの高齢者向けの配食サービスを行っていたりと、地域内外に限らず、様々な人たちにご利用いただける事業

をいくつも実施しています。

私は、この地域の方々が始めた素晴らしい取り組み、施設を今後も継続していけるよう、御槇に何度も足を運んで

くださるファンを増やしていきたいと思っています。そのために、SNSやイベントなどを通して、みまきガーデン、御槇

地区の魅力を発信し、多くの方に御槇を好きになっていただけるような活動をしていきたいと考えています。

野内 隆行さん ※退任済み


nouti

【自己紹介】
 神奈川県出身で、前職は民宿の運営に携わりました。
 人の手によって生み出される物、技術が大好きで、現在は畑を耕すことや、竹細工などを楽しみながら勉強中です。

【活動目標】
 地域の方にとっては当たり前の日常が、私にとっては大発見ということが多々あります。里山の魅力を多面的に情報発信できればと考えています。

【意気込み】
 はじめての土地でわからないことだらけですが、皆さんに助けられながら日々生活をしています。地域の活性化に貢献できるようがんばります!

(平成29年3月末で退任されました)
 

渡邊 誠さん ※退任済み

watanabe

【自己紹介】
 はじめまして、宇和島市御槇地区地域おこし協力隊の渡邊 誠です。
 東京生まれ、東京育ちの完全都会っ子です。
 大学を卒業後すぐに、地域おこし協力隊として御槇地区に移住してきました。

【活動目標】
 まずは地域に馴染むこと!そのために走って走って走りまくって、御槇の人や場所を知りたいと思います。
 地域行事にも積極的に参加し、一地域住民として活動していきたいと思います。

【意気込み】
 御槇地区にはたくさんの観光資源となる魅力がたくさんあります。私達の一番の役割は、御槇の良さを、外部の方々にPRすることだと考えています。
 御槇の観光大使として、多くの方々に御槇の魅力を知っていただき、お越しいただけるよう、頑張りたいです!

(平成29年3月末で退任されました)

 

「祝!みまきガーデンオープン!!」

2014年3月19日

 津島町御槇地区に旧御槇保育所を活用した宿泊施設『みまきガーデン』のオープンセレモニーが3月16日に行われました。

みまきガーデンみまきガーデン

 この『みまきガーデン』は津島町御槇地区の住民有志が集落再生に向けた取組みの1つです。運営は地元女性たちが行い、宿泊の他に、ランチや地域内での配食サービスなどもあります。宿泊者には近くの祓川温泉に入浴してもらうなど、地域資源と連携し、それらを活かした観光や体験を通じ、御槇地区をPRします。

みまきガーデン

 今後は美味しいと評判の「御槇米」のブランド化や、江戸時代天保年間に創始したと想定される伝統芸能「五つ鹿踊り」の継承、パンフレット等の作成など、より多くの方に御槇地区を知ってもらえるよう、地域で取り組んでいきます。

 

 

 -みまきガーデン-

 

みまきガーデン<外部リンク>

廃園になった旧御槇保育所が生まれ変わったお泊まり処。

地域の子どもたちが初めて社会に飛び出した場所、元気に無邪気に走り回った場所に
再び笑顔と元気が戻ってくる。


町から外れた山道を登り、
登った先に広がる田園地帯が目を奪い、
澄んだ空気と澄んだ川が魅了し、
祓川温泉が温め、癒やし、
地のものを使った料理が出迎え、
お母さん達がおしゃべりで圧倒し、
周りに何もないからこそ見える星達が降り注ぎ、
ひんやりとした清々しい朝に目を覚まされ、
御槇米とばあちゃん手作り味噌の味噌汁に心躍らされ、
新たな気持ちになってもらいたい。

そんな御槇、そんなみまきガーデンです。

「みまきガーデン」facebookページ <外部リンク>