ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 市政情報 > 市の取り組み > 移住・定住促進 > 宇和島UJIターン「宇和島に住みたい」 > 平成30年度 宇和島市移住者住宅改修支援事業費補助金の募集
移住に関するお問い合わせは・・・
宇和島市企画情報課 0895-24-1111 内線2571・2510
担当
地方創生係
メールでのお問い合わせ

宇和島市観光物産協会<外部リンク>
宇和島市観光物産協会公式ホームページです

あのこの愛媛<外部リンク>

愛媛の新しい求人・移住総合サイト「あのこの愛媛」公式ホームページです

ふるさと愛媛Uターンセンター<外部リンク>

ふるさと愛媛Uターンセンターホームページです。


平成30年度 宇和島市移住者住宅改修支援事業費補助金の募集

印刷用ページを表示する掲載日:2018年4月20日更新

 宇和島市では、市内にある空き家の有効活用を図り、県外から市内への移住・定住を促進するため、移住者が行う住宅の改修等に要する経費に対し、予算の範囲内で補助金を交付します。

宇和島市移住者住宅改修支援事業

補助対象者

 以下のいずれにも当てはまる方が対象です。

 ◯平成28年4月1日以後に、就学や転勤、結婚による転居等以外で、愛媛県外から宇和島市へ移住した方

  ※地域おこし協力隊の方は、平成28年4月1日以後の離職する日をもって市内への移住者とみなします。

 ◯購入又は賃借した空き家に継続して5年以上居住する意志のある方

 ◯働き手世帯又は子育て世帯に属する方(基準日:当該補助金の交付申請日)

    *「働き手世帯」・・・構成員のうち少なくとも1人が50歳未満の世帯

    *「子育て世帯」・・・中学生以下の子がいる世帯

 ◯世帯員全員が市税等を滞納していない方

 ◯過去に当該補助金の交付を受けていない方

補助対象住宅

 「愛媛県空き家情報バンク」、「宇和島市空き家バンク」に登録された一戸建て住宅で、移住者が居住を目的として購入又は賃借したもの

  (※ただし住宅の改修については、購入したものに限ります)

支援内容

住宅の改修 <50万円以上の改修に限る>

  (1)住宅本体の改修

    木工事、屋根工事、サッシ工事、建具工事、内装工事、外装工事、塗装工事、

    左官タイル工事、給排水設備工事、電気設備工事、エクステリア工事、省エネ設備工事

 

  (2)住宅本体以外の改修 <住宅本体の改修とセット>

    車庫・物置・倉庫・門扉・壁等の工事、植樹・剪定・除草等の植栽工事

 

 補助率補助限度額
支援内容(住宅の改修)
働き手世帯補助対象経費の3分の2

200万円

子育て世帯補助対象経費の3分の2

400万円

 

家財道具の搬出等 <5万円以上の搬出等に限る>

   入居・改修のために不要な家財道具の搬出・処分、清掃

   (住宅改修とセットである必要はありません。)

 

 補助率補助限度額
支援内容(家財道具の搬出等)

働き手世帯

子育て世帯

補助対象経費の3分の220万円

 

注意事項

  ◆ 補助金の交付申請は、改修等を行う前に手続きをしてください。

  ◆ 予算が無くなり次第終了します。まずは、下記担当までご相談ください。

  ◆ 平成31年3月31日までに完了する改修や家財道具の搬出などが対象になります。

  ◆ 施工業者は、原則市内業者としてください。

本事業は愛媛県と連携した補助事業です

 愛媛県移住者住宅改修支援事業はこちらから(愛媛県ホームページ)<外部リンク>

お知らせ

 平成29年10月31日、宇和島市と住宅金融支援機構との間で、宇和島市移住者住宅改修支援事業について、住宅金融支援機構の住宅ローン「フラット35」の金利引き下げを実施する協定を締結しました。

 協定の内容は、宇和島市住宅改修支援事業の利用者(一定要件あり)が、住宅の取得に際して【フラット35】を利用する場合に、金利の優遇措置(当初5年間の金利を0.25%引下げ)を受けることができるものです。

 【フラット35】の制度概要はこちらから(住宅金融支援機構ホームページ)<外部リンク>

 

 

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)