ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 市政情報 > 市の取り組み > 市外でのシティセールス活動 > みんなでうわじま応援ページ > イオン東北における宇和島産真鯛・ブリの販促キャンペーン第2弾(11月6日~8)

本文

イオン東北における宇和島産真鯛・ブリの販促キャンペーン第2弾(11月6日~8)

印刷用ページを表示する 記事ID:0053229 更新日:2020年11月5日更新

 産地応援企画「#鯛たべよう」の趣旨に賛同し、イオン東北株式会社(本社:秋田市)は、10月の真鯛販促キャンペーンに続いて、系列126店舗において、宇和島産養殖真鯛に加え、養殖ブリの販促キャンペーンも併せて実施します。
 また、キャンペーン初日に当たる11月6日には、岡原市長が、イオンスタイル仙台卸町店にて、トップセールスを行います。

イオン東北における宇和島産鯛・ブリの販促キャンペーン

期間

令和2年11月6日(金曜日)~8日(日曜日)

実施店舗

「イオン」「イオンスタイル」「マックスバリュ」 計126店舗

実施内容

  • 宇和島産真鯛及びブリの販売
  • 対象商品への宇和島鯛しゃぶ・ブリ
  • しゃぶラベルの貼付け
  • POP等の掲示による売場設定

イオン東北における宇和島市長トップセールス

日時

令和2年11月6日(金曜日) 午前11時から(40分程度)

場所

イオンスタイル仙台卸町店 1F 鮮魚コーナー(仙台市若林区卸町1-1-1)

内容

宇和島市長岡原文彰が宇和島産鯛・ブリの販促支援(対面販売)を行います。

会場地図

「#鯛たべよう」とは

 宇和島市が養殖生産日本一である鯛を、食べて買って応援する「産地応援」企画です。

 その一環として、県内量販店等で販売促進キャンペーンを展開し、消費拡大を図ります。

「宇和島鯛しゃぶ・ブリしゃぶ」とは

 鯛及び、宇和島市が養殖生産第3位であるブリの食べ方として、和風出汁による宇和島風のしゃぶしゃぶを提案することで、さらなる消費推進を図るものです。
 

 

みんなでうわじま応援ページ - 宇和島市ホームページ