ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 生活・くらし > 土地・住宅 > 住宅支援・マイホーム > 平成30年7月豪雨関連情報 > 宇和島市にある民間活用住宅の一時使用について(受付終了)

本文

宇和島市にある民間活用住宅の一時使用について(受付終了)

印刷用ページを表示する 記事ID:0033979 更新日:2019年6月28日更新

※民間活用住宅および公的住宅(国家公務員宿舎宇和島第2住宅)の申し込み受付は終了しました。

宇和島市にある民間活用住宅の一時使用

※申し込みの受付は終了しています。

平成30年7月豪雨によって、り災された方を対象に、民間活用住宅の一時使用を実施しています。

※入居の申し込みについては、一世帯につき1部屋です。

申し込みには、次の書類の提出が必要です。

  1. 宇和島市民間活用住宅一時使用許可申請書[Wordファイル/10KB]宇和島市民間活用住宅一時使用許可申請書[PDFファイル/42KB]
  2. 宇和島市民間活用住宅一時使用誓約書[PDFファイル/31KB]
  3. り災証明書
    【参考】宇和島市民間活用住宅一時使用許可申請書(記入例)[PDFファイル/52KB]

対象者は、次のすべてに該当する方です。

  • 平成30年7月豪雨により、居住家屋が全壊、大規模半壊または半壊の被害を受け、その住宅に居住ができない方
  • 被害を受けた居住家屋以外に住宅を持っていない方
  • 暴力団員でない方

住宅使用料等費用負担について

  • 一時使用期間中の住宅使用料及び敷金は、免除となります。
  • 入居した住宅に係る電気、ガス、水道、下水道の使用料、廃棄物の処理に要する費用および団地内の共益費等については、入居者の負担となります。

住宅の情報について

住宅名 所在地 建設年度 部屋 入居可能戸数 使用期間
民間活用住宅 和霊中町3丁目3番10号 平成9年度 1DK(8帖) 8戸 最長で2年間

設備について

  • 電気コンロ
  • エアコン
  • ベッド
  • 洗濯機
  • 冷蔵庫(簡易なもの)

使用期間について

り災前に居住していた住宅を修繕した、新たに住宅を取得した、または他の賃貸住宅に入居した等の場合には、使用期間内であっても、退去が必要です。

入居の案内について

住家の被害状況等により判断し、提供可能な空室数の方の入居を許可することとなります。

書類の提出先

宇和島市役所建築住宅課、吉田支所のいずれかへ提出してください。

申し込み期限

申し込みの受付は終了しています。

所在地

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)