ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 平成30年7月豪雨関連情報 > 応急仮設住宅(建設型)について【受付終了】

本文

応急仮設住宅(建設型)について【受付終了】

印刷用ページを表示する 記事ID:0033535 更新日:2019年6月12日更新

※申し込み受付は終了しました。

応急仮設住宅(建設型)について

 平成30年7月豪雨により住宅に甚大な被害を受けた方に、応急仮設住宅(建設型)を提供する事業を実施します。

住宅の戸数

 12戸

対象者

 次のア~オのいずれにも該当する方

 ア.平成30年7月豪雨における災害時点において、宇和島市に住所を有する方

 イ.災害により、次の1~3のいずれかを満たす方

  1. 住居の全壊、全焼または流出により居住する住宅がない方
  2. 二次災害等により住宅が被害を受ける恐れがある、ライフライン(水道、電気、ガス、
    道路等)が途絶している、地すべり等により避難指示等を受けているなど、長期に
    わたり自らの住居に居住できない方
  3. 半壊(大規模半壊含む)であっても、水害により流入した土砂や流木等により、住宅
    としての再利用ができず、自らの住居に居住できない方
    (修理等により一時的に居住できない場合は対象となりません。)

 ウ.自らの資力をもってしては、住居を確保することができない方

 エ.借上げ型応急仮設住宅(みなし仮設住宅)の申し込みをしていない方

 オ.災害救助法に基づく被災した住宅の応急修理または障害物の除去制度の申し込みをしていない方

住宅使用料等費用負担について

 住宅の使用料は無料です。ただし、光熱水費などは入居者の負担となります。

入居期間

 原則として令和2年8月30日まで

申し込み

 申し込みの受付は終了しています。