ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 教育・社会活動 > 文化・生涯学習 > 講座・イベント > 宇和島市立伊達博物館 | ダテハク > 令和3年度 伊達家コレクション展1「武家の手習ひ ー宇和島伊達家の武・遊・美ー」

本文

令和3年度 伊達家コレクション展1「武家の手習ひ ー宇和島伊達家の武・遊・美ー」

印刷用ページを表示する 記事ID:0059124 更新日:2021年6月13日更新

コレクション展1

 宇和島伊達家に伝わる大名道具から、「武」「遊」「美」の各テーマになぞらえ、藩主や姫君が教養として身につけた武道や芸事にまつわる資料を展示します。

「手習い」には、武術や芸事の練習を意味する「稽古」の意味も含まれます。「稽古」は「古(いにしえ)を稽(かんが)える」という文字で成り立ってます。

 昔から伝わる武道・文化・芸術の実物資料に触れることで、今の私たちの生活に潤いを与える内面的な豊かさについて再考し、皆様と共に分かち合いたいという願いを込めて開催します。

 

 

第1展示室: 武

 宇和島伊達家には小笠原流秘伝書という、武家社会における昔からの儀式や作法などの決まりや習わしを記した史料が伝来しています。第1展示室では、この秘伝書の中から「披露太刀」「太刀」「鉄砲」「馬具名所」を取り上げ、同名の武具類とともに御紹介します。

衛府太刀拵

太刀 無銘(伝 来國行)・衛府太刀拵

(公益財団法人宇和島伊達文化保存会蔵)

 
太刀披露

小笠原流秘伝書「披露太刀」(部分)

(公益財団法人宇和島伊達文化保存会蔵)

 

第2展示室: 遊

 第2展示室では姫君が婚礼の際に準備した調度の中から、「三面」と称される碁・将棋・双六の三種の遊戯具のほか、江戸時代に教養としてたしなまれた香道具や、『源氏物語』の世界を描いた屏風なども展示します。さらに、小笠原流秘伝書「音曲」をもとに、琵琶や筝など日本の伝統的な楽器もご紹介します。

琵琶 銘 青山

琵琶 銘 青山

(公益財団法人宇和島伊達文化保存会蔵)

 
 
音曲

小笠原流秘伝書「音曲」 (部分)

(公益財団法人宇和島伊達文化保存会蔵)

 

第3展示室 美

 第3展示室では、「幽玄の美」を目指した世阿弥の言葉をひもときながら、能面や能の場面を描いた『能絵鑑』などの能関係資料をご紹介します。

小面

能面 小面

(公益財団法人宇和島伊達文化保存会蔵)

 
 
能絵鑑

『能絵鑑』より「巴」(部分)

(公益財団法人宇和島伊達文化保存会蔵)

令和3年度コレクション展1 チラシ [PDFファイル/323KB]

 

     このページの画像の著作権は公益財団法人宇和島伊達文化保存会に帰属します。

このページの文章の著作権は宇和島市立伊達博物館に帰属します。
すべての画像及び文章の無断転用は用途を問わず禁じます。

皆さまのご意見を
お聞かせください

お求めの情報が充分掲載されていましたでしょうか?
ページの構成や内容、表現はわかりやすかったでしょうか?
この情報をすぐに見つけられましたか?

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


 

伊達博物館ロゴの画像

伊達博物館ブログはこちらから
伊達博物館ブログへのバナー画像

伊達博物館公式 @datemuseum

現在の展示・イベント
次回の展示・イベント
これまでの展示・企画
伊達博物館 建替委員会

  このページに関するお問い合わせ先
  宇和島市立伊達博物館
  〒798-0061 愛媛県宇和島市御殿町9番14号
  Tel:0895-22-7776 Fax:0895-22-7819
  Mail:date-mu@city.uwajima.lg.jp