ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 教育委員会 > 文化・スポーツ課 > 美術館 次回の展示「土居明生木口木版画展-ふるさと賛歌-」

本文

美術館 次回の展示「土居明生木口木版画展-ふるさと賛歌-」

印刷用ページを表示する 記事ID:0059260 更新日:2021年4月14日更新

概要

土居明生は、県内でも数少ない木口木版画家です。
愛媛県上浮穴郡久万高原町出身の土居は、「ふるさと賛歌」を一貫したテーマとして、ふるさとの情景や先祖伝来の田畑に生きる老人の姿を、詩情豊かに表現し続けています。
その表現手法である木口木版は、堅い木を輪切りにし、その木口(輪切り面)を、ビュラン(鋭利な彫刻刀)などで彫る、精密で緻密な表現を特色とする木版画です。特徴的な木の形状を活かした、細密な描写をご鑑賞ください。
制作に使用されたビュランや版木なども展示しますので、ぜひあわせてご覧ください。

日時

2021年5月14日(金曜日)~8月2日(月曜日)
休館日:毎週火曜日(祝日の場合は翌平日)

場所

畦地梅太郎記念美術館(井関邦三郎記念館併設)

対象

一般

料金

大人 300円、65歳以上・大学生・高校生 200円、中学生以下・身体障がい者手帳等をお持ちの方 無料

定員

なし

駐車場

あり(道の駅みまと共用)

申込(有無・方法)

なし

画像

土居明生木口木版画展ポスター画像