ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 危機管理課 > 防災ラジオを貸し出します

防災ラジオを貸し出します

印刷用ページを表示する掲載日:2015年7月1日更新

 災害情報などを屋内でも正確に伝えるために、宇和島市に住んでいる人を対象に防災ラジオを貸し出します。

ラジオの画像

 

 防災ラジオとは…コミュニティFM放送「FMがいや」や、行政放送などを聞くことができるラジオです。災害情報放送などの際には自動起動し、放送されます。

※緊急放送の場合は最大音量で放送されます。

 

【自動起動して放送される内容】

  • 緊急地震速報
  • J-ALERT(ジェイ・アラート 全国瞬時警報システム)からの情報
      津波警報、ゲリラ、航空攻撃、弾道ミサイル、大規模テロ情報など
  • 市などから緊急・通常放送

 

【貸し出しの対象】

市内に住所があり、住民基本台帳に記録されている世帯(新たに転入した人も含みます)。

  • 1世帯につき1台です(無料)。
  • 無料貸し出し分以外に希望する人や事業者には有料で提供します。
  • 必要な人は危機管理課・宇和海支所・各出張所で手続きしてください。

 

【申し込み方法】

 『申請書』にお名前・ご住所・電話番号等をご記入のうえ、みとめ印を押してください。危機管理課(各支所総務係)へ提出し『防災ラジオ』を受け取ってください。『申請書』は危機管理課(各支所総務係)にあります。

 

■■ 防災行政無線の廃止 ■■

今まで旧3町にて防災情報伝達の役割を担っていた、防災行政無線の戸別受信機については、当面の間は並行して運用することとしておりますが、今後は防災ラジオに1本化され廃止することとしています。(27年9月ごろ予定)

 

<防災ラジオの試験放送>

 防災ラジオが正常に自動起動するかどうかを確認するために試験放送を定期的に行います。正常に起動するかどうか確認してください。

【 とき 】

  • 毎週日曜日 午前11時59分ころ、午後5時59分ころ(2回)
  • 毎月第1日曜日 午前11時から11時30分までの間

【正常起動】

防災ラジオが自動起動し、試験放送が通常音量で流れ、白色ランプが点灯します。

 

<宇和島地区屋外放送設備の試験放送>

 平成25年度に整備した宇和島地区の屋外放送設備が正常に自動起動するかどうかを確認するために試験放送を定期的に行います。

【 とき 】

  • 毎月第1日曜日 午前11時から11時30分までの間

屋外放送設備の画像

 

ダウンロード

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)