ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 危機管理課 > 自主防災組織について

自主防災組織について

印刷用ページを表示する掲載日:2016年8月17日更新

(1)自主防災組織とは

 自主防災組織は、「自分たちの地域は自分たちで守る」という自覚、連帯感に基づき、自主的に結成する組織であり、災害による被害を予防し、軽減するための活動を行う組織です。

(2)適正な組織の規模

 地理的条件や生活環境などから、地域として一体性を有する大きさが最も効果的に活動できる規模とされています。そのため、自主防災組織の多くは、町内会や自治会ごとに結成されています。

 

 宇和島市では・・・

 平成28年4月1日現在  409組織が結成済

 組織されている地域の世帯数 33,031世帯 組織率 90.0%

 

~自主防災組織を結成したいけど、どうしたらよいのか良くわからない・・・~

【危機管理課へ積極的にご相談下さい】

 自主防災組織を結成する際は、地域の実情に応じた結成方法を検討することが大切です。また、組織結成後に防災活動を行う上でも市や消防機関との連携が欠かせません。

 結成について検討される場合は、危機管理課に積極的にご相談下さい。

 

(3)「自主防災組織の結成(変更)届出書」

 自主防災組織を結成したり、組織の役員や規約等に変更がありましたら、危機管理課へ各届出書をご提出下さい。