ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 危機管理課 > 地震の心得10ヶ条

地震の心得10ヶ条

印刷用ページを表示する掲載日:2015年7月1日更新

(1)まず身の安全を!

ケガをしたら火の始末や避難がおくれてしまいます。家具の転倒や落下物には充分な対策を。

(1)まず身の安全を!

(2)素早く火の始末

揺れを感じたらすばやく行動。火元付近には燃えやすいものを置かない習慣を。

(2)素早く火の始末

(3)戸を開けて出口の確保

振動でドアが開かなくなることも。戸を開けて避難口の確保を。

(3)戸を開けて出口の確保

(4)火が出たらすぐ消火

万一出火しても、天井に燃え移る前なら大丈夫。あわてず消火を。

(4)火が出たらすぐ消火

(5)あわてて外に飛び出さない

飛び出しはケガのもと。冷静な判断を。

(5)あわてて外に飛び出さない

(6)狭い路地やブロック塀には近づかない

ブロック塀や自動販売機は倒壊の恐れが。すばやく避難を。

(6)狭い路地やブロック塀には近づかない

(7)協力しあって応急救護

地域ぐるみで協力しあって応急救護の体制を。

(7)協力しあって応急救護

(8)山崩れ、崖崩れ、津波に注意

居住地の自然環境を把握して二次災害防止の心がけを。

(8)山崩れ、崖崩れ、津波に注意

(9)避難は徒歩で

マイカーでの避難は危険なうえ緊急出動の障害に。ルールを守る心のゆとりを。

(9)避難は徒歩で

(10)正しい情報を聞く

事実はひとつ。間違った情報にまどわされず的確な行動を。

(10)正しい情報を聞く