ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 危機管理課 > 避難対策資機材の整備

避難対策資機材の整備

印刷用ページを表示する掲載日:2016年3月31日更新

 市は、平成26年度から28年度までの3年間で、津波緊急避難場所を中心に、約200箇所に備蓄倉庫を設置し、防災資機材の整備を進めています。

整備状況

年度箇所数地区
平成26年度88箇所赤松、九島、石応、小池、三浦、宇和海、下灘、北灘、岩松地区の一部
平成27年度69箇所鶴島、住吉、奥南、吉田、喜佐方、玉津、岩松、畑地、北灘、下灘、津波避難ビル、避難所の一部

防災資機材の一覧

  • 発電機
  • 投光器
  • 簡易トイレ
  • 防災ラジオ

 備蓄倉庫

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)