ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 市民の方へ > 消防・防災 > 情報伝達・防災ラジオ > 2月19日豊後水道を震源とする地震での防災放送の不具合事象について
トップページ > 分類でさがす > 市民の方へ > 消防・防災 > 自主防災組織・防災士 > 2月19日豊後水道を震源とする地震での防災放送の不具合事象について

2月19日豊後水道を震源とする地震での防災放送の不具合事象について

印刷用ページを表示する掲載日:2018年2月19日更新

平成30年2月19日午前3時31に発生した豊後水道を震源とする地震について、宇和島市防災ラジオや屋外スピーカーから防災放送の不具合事象は以下のとおりとなっております。

事象発生日時備考
事象
震度4の地震発生後、数秒間、2回にわたって、宇和島市全域防災ラジオや屋外スピーカーから音楽放送が自動的に放送されたもの。

2月19日

3時33分、3時35分

地震発生日時 3時31分

宇和島市最大震度4

 

本件における、原因と再発防止策についてを次の通りご報告いたします。

原因再発防止策備考
原因と再発防止策

防災ラジオや屋外スピーカーを制御する親機側でのトラブルにより、震度4の震度速報を、プログラムに従い自動放送しようとしたところ、自動で起動したものの、震度速報のメッセージを放送できなかったことが原因と考えられ、詳細は現在調査中です。

親機側の機材の更新を現在進めており、3月初旬に完成の予定としております。今回の原因は親機側にあり、ご家庭の防災ラジオ等の不具合ではありません。

 

早朝より、機材のトラブルにより、ご迷惑とご心配をおかけして申し訳ございません。

早急な原因究明と、再発防止策の構築を実施いたします。