ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 市民の方へ > 生活 > 消費生活 > 災害に便乗した悪質商法などに注意!

災害に便乗した悪質商法などに注意!

印刷用ページを表示する掲載日:2018年10月2日更新

 

災害に便乗した詐欺などに注意!

 災害に便乗し、電話などで義援金などを騙しとろうとするものや、消防署などの官公庁を騙り、家族構成などの個人情報を聞き出そうとするものにご注意ください。

 怪しいと思ったときは、一人で対応せず、相手先をよく確認し、電話を一旦切って再度こちらからかけなおすなど、冷静に対応しましょう。

 なお、宇和島市での義援金については、市役所で受付しております。

 下記のホームページをご覧ください。

https://www.city.uwajima.ehime.jp/soshiki/6/giennkin.html

 

また、過去の災害時には以下のような便乗商法が発生しています。

○「当社と被災家屋の修理契約をすれば、行政から補助金が出る」などと虚偽の勧誘を行い、壊れた住宅の修理を契約させる。
○「損害保険等による保険金を利用できる」と保険金申請の手続き代行から工事まで請け負うという契約をさせて、高額な手数料や解約料を請求する。
○ボランティアや公的機関を装い「何か困っていることはありませんか」「清掃に来ました」などと訪問し、頼んだ後で高額な料金を請求する。
○電力会社などを名乗り「災害後の点検」と言って訪問し、災害による修理と称して高額な料金を請求する。

アドバイス

○知らない人が訪問してきたら用件を確認し、不審な場合は絶対に家の中に入れないようにしましょう。工事を勧められても、すぐに契約せず、家族などと相談しましょう。
○損害保険等の保険料を利用した工事を検討する場合は、まず自分で保険会社に相談してください。
  ご不明な点がありましたら、宇和島市消費生活センター(0895-20-1075)までお問い合わせください。

 

愛媛弁護士会の災害無料電話相談

  愛媛弁護士会のホームページをご覧ください。 

   愛媛弁護士会 http://www.ehime-ben.or.jp/<外部リンク>