ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 観光情報 > 観光スポット > レジャー・体験 > ~インターン生による観光スポットのご紹介~
トップページ > 分類でさがす > 観光情報 > 観光スポット > 自然・景観 > ~インターン生による観光スポットのご紹介~
トップページ > 分類でさがす > 観光情報 > 観光スポット > 歴史・文化 > ~インターン生による観光スポットのご紹介~
トップページ > 分類でさがす > 観光情報 > 観光ガイド > その他 > ~インターン生による観光スポットのご紹介~

~インターン生による観光スポットのご紹介~

印刷用ページを表示する掲載日:2019年8月27日更新

~インターン生による観光スポットのご紹介~

令和元年8月、商工観光課へ配属されたインターン生(香川大学3回生Sさん)が、宇和島市の観光スポットをレポートしてくれました!

 

(以下、レポート)

宇和島1日満喫モデルコース~海・山・食~

香川大学3回生のSです。私がおすすめする宇和島の1日満喫モデルコースを紹介します。

 

【モデルコース】

 9時00分~  レンタサイクルで薬師谷観光

 12時00分~ 蒋淵のこもてらすでランチ

 15時00分~ 遊子水荷浦の段畑散策

 

【薬師谷渓谷(やくしだにけいこく)

自転車で行くことをおすすめします!

私は実際に電動自転車で行ってみたのですが、渓谷の涼しい風を体感することができ、とても気持ちよかったです。

電動自転車は宇和島駅近くのイヌガイ自転車(1時間300円~)で借りることができ、宇和島駅からおよそ30分で到着します。

電動自転車なので、坂道もつらくないです。少し市街から離れるだけで、市街とは全く違う自然を感じることができるスポットです。

yakushidani1 yakushidani2

渓谷には遊歩道があるので、その自然を間近で楽しむことができます。雪輪の滝や大ひょうたんなど自然によって作られた、他にはない景観も見られます。

下る際も、風を感じながら自転車で降りるのは本当に快感です。周りの景色を楽しみながら下って行くと、ひまわり畑を見つけることが出来ました。

皆さんも薬師谷渓谷を訪れる際は、サイクリングで自然をよりいっそう楽しみ、暑い夏は自然のクーラーで涼みませんか!

yakushidani3  yakushidani4

 

【蒋淵(こもぶち)のこもてらす】

蒋淵は市街から車で約50分で到着します。

こもてらすでは、蒋淵でとれた魚の料理を食べることができます。

私は真鯛のランチ(980円)をいただきました。この真鯛のランチは、バジル、トマトなど洋風の味、麦味噌、白味噌の和風の味、中華までいろいろな味があります。私は宇和島市で多く食べられている麦味噌を選びました。とても甘くて鯛と合わせて食べると本当においしかったです。今度は違う味を食べて、全制覇したいと思います。

komobuchi1

そして、目の前には海が広がっているので、まるで海に浮いているような感覚です。海を見ながらおいしい料理を食べられる、なかなか他にはない最高の場所ですよね。店内もおしゃれで静かな空間となっています。時間がゆったり流れる蒋淵の雰囲気がすごく落ち着きました。

komobuchi2

テラスから見た海は、すごく澄んでいて宇和島のきれいな海を贅沢に眺めることができました。私自身高松市に住んでいるので、瀬戸内海を見渡すことはできますが、蒋淵のように間近で澄んだ海を見ることは久しぶりだったので、嬉しかったし宇和島の海は誇れるものだなと改めて感じました。

余談になりますが、タイミングが合えば、日本に2隻しかない郵便局の船が見られるかもしれません。

(こもてらす 営業時間:11時~16時、ランチ14時まで 定休日:月曜日)

komobuchi3

 

【遊子水荷浦(ゆすみずがうら)の段畑】

遊子は蒋淵から車で約20分のところにあります。市街からは車で約40分で到着します。

段畑では、その絶景と美しい宇和島の海を一度に楽しむことができます。

高さ1メートルほどの石垣が何段もあり、下から見ると圧倒的な景色が見られ、上から見ると段畑と、海という壮大な景色が楽しめます。「美しい日本のむら景観百選」にも選ばれている、1度は見たい景色です。

danbata1

私が1番おすすめする写真撮影スポットは、1番上まで上りそこから段畑と宇和島の海を同時に眺められる場所です。

農業と漁業が共存する珍しい様子も見ることができます。積まれた石はすべて手作業で積んだもので、昔の人々が苦労して作ったということを感じます。

danbata2

そんな段畑ではおいしいジャガイモが栽培されています。

なぜジャガイモ栽培に適しているかというと、段になっていることで太陽が当たりやすく、さらに海からの照り返しがあるからと言われています。ふもとにある「だんだん茶屋」では、ジャガイモアイスも販売されています。

今回私はジャガイモアイスを食べることが出来なかったので、次回訪れた際は食べてみたいなと思います。

danbata3

また、近くには、魚介藻霊供養塔があり、宇和島市民の海の生き物を大切にしている様子もうかがえます。

宇和島市民にとっては地元らしい落ち着く居心地が良い場所であるし、宇和島市民でない方もその珍しい姿を見ることが出来る観光スポットだと思います。

(だんだん茶屋 営業時間 11時~15時、ラストオーダー 14時 土日祝のみ営業)

 

まとめと感想

私は宇和島育ちですが、今回なかなか行けていなかった場所を巡り、新しい観光スポットを知ることができました。宇和島市は自然に富んでいて、その自然を見たり感じたりすると、宇和島市に帰ってきたなと落ち着きます。

宇和島市に住んでいる方はもちろん、宇和島市以外の方たちにも、普段見れない景色、体験が詰まっているので、ぜひ宇和島を訪れてほしいなと思います。今回の経験を通して、私自身さらに宇和島市が好きになりました。