ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 保険健康課 > 宇和島市産後ケア事業について

宇和島市産後ケア事業について

印刷用ページを表示する掲載日:2019年7月29日更新

うわじま市産後ケア事業

宇和島市では、産後のお母さんが安心して子育てをスタートできるように、宿泊型や日帰り型サービスの利用を通じて、お母さんの心身のケアや育児サポート等の支援を行います。

利用できる方

宇和島市内に住所を有する産後4か月未満の母親および乳児のうち、下記の(1)(2)(3)のすべてに該当する方
     (1)産後に心身の不調または育児不安等がある方
     (2)家族等から家事・育児等の十分な産後の支援が受けられない方
     (3)母子共に病院等への入院が必要でない方

ケアの内容

お母さんと赤ちゃんの体調等にあわせて、以下のサービスを受けることができます。
◆お母さんのケア(母体の管理、生活面の指導、乳房の手当て)
◆赤ちゃんのケア(健康管理、発育・発達のチェック)
◆育児に関する相談・指導(授乳指導、もく浴指導、スキンケア、在宅での育児に関する相談・指導、その他必要な保健指導及び情報提供)
◆心身のケア
◆食事の提供

利用方法・利用料金

利用期間…「宿泊型」および「日帰り型」それぞれ7回まで可
       ◆宿泊型(1泊3食):利用開始時刻から24時間以内を1日(1回)とする
       ◆日帰り型(1日2食):午前10時から午後7時ま

区    分利用者負担額
 基本額
(1日当たり)
多胎児加算
(2人以上の乳児が利用する場合にあたっては2人目以降の乳児1人当たり)
宿泊型  市民税課税世帯3,000円500円
  市民税非課税世帯1,500円 250円
  生活保護世帯 0円0円
日帰り型  市民税課税世帯1,500円300円
  市民税非課税世帯750円150円
  生活保護世帯0円 0円

※きょうだい等、家族のご利用については本事業には含まれません。

利用の流れ

1. 事前に申請が必要です。
  利用予定日の3日前までにマザーズステーション「すてっぷ」へご連絡ください。
  【申請時に必要なもの】
 ・母子健康手帳 ・身分証明書・印鑑・生活保護世帯の方は、生活保護受給証明書 

2. 助産師・保健師が面接をします。
  対象であると認められた場合、個別支援プランを作成します。

3.利用承認された場合は、利用承認通知書が送付されます。
  承認されなかった場合は、利用不承認通知書が送付されます。

4.利用する医療機関に利用者から連絡をしてください。                            
  (サービス内容・持参する物の確認などの打合せをします。)

5. 持参する物を持って、利用する医療機関に行ってください。                  お母さんと赤ちゃん画像
   【持参する物】
  ・母子健康手帳・印鑑・健康保険証・乳児医療費受給者証・母子の衣類、タオル、洗面用具、紙おむつ、おしり拭き等

6. 利用料は、医療機関にてお支払いください。

7. 利用後は、利用された医療機関とマザーズステーション「すてっぷ」が、利用状況を共有し継続的に支援します。

産後ケア実施事業所

事業所名所在地電話番号
市立宇和島病院宇和島市御殿町1番1号0895-25-1111
長野産婦人科宇和島市堀端町1-80895-24-1103
萩山医院寿レディースクリニック宇和島市寿町1丁目4-50895-24-6200
山内産婦人科宇和島市宮下甲223-50895-24-0321

 

利用の注意

◆利用日時の変更やキャンセルなどがある場合、利用日の前日17時までに利用する医療機関へ必ず連絡をしてください。連絡がない場合は、キャンセル料が発生することがあります。
◆利用料金は、母親の食費、母子の寝具、光熱水費、円座、ポット、もく浴用品、ミルク、ほ乳瓶、ほ乳瓶の消毒の費用を含みます。
 ※利用状況により実費が発生する場合があります。