ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 保険健康課 > こどもの定期予防接種

こどもの定期予防接種

印刷用ページを表示する掲載日:2017年4月1日更新

 子どもは病気にかかりやすく、かかると重くなることがありますが、予防接種で予防できる病気もあります。
  必要性や副反応を理解し、十分に納得した上で予防接種をしましょう。

【接種方法】個別接種 予防接種指定医療機関(ページ下部)で個別に接種できます。
【持ってくるもの】母子健康手帳・予防接種手帳・医療保険証
【費用】無料(対象年齢内)
【年齢の考え方】
「年齢計算二関スル法律」に基づき、年齢は誕生日の前日に1歳を加えます。また、月齢についても同様に考えることから誕生日と同じ日の前日に1月加えることになります。

予防接種手帳・予診票の交付

予防接種手帳

出生後4か月までの赤ちゃんに赤ちゃん訪問時に交付します

予診票・接種券

下記の人に個人通知(郵送)します

  • 第2期ジフテリア破傷風(11歳になる人)
  • 麻しん風しん混合第2期(小学校就学前の1年間にある人)通知のみ
  • 日本脳炎2期(9歳になる人)

    日本脳炎特例措置の対象者(平成7年4月2日~19年4月1日生まれの人)の人で、
    日本脳炎2期の未接種者(平成11年4月2日~12年4月1日生まれの人)

BCG

【対象年齢】
生後直後~1歳になる日の前日まで
【回数】
1回

Hib感染症

【対象年齢】
生後2か月~5歳になる日の前日まで
【回数】
生後2か月~7か月になる日の前日までに開始  4回
生後7か月~12か月になる日の前日までに開始  3回
1歳~5歳になる日の前日までに開始         1回 
【間隔】
初回接種 27日以上(医師が必要と認めるときは20日以上)
※初回接種の開始時に生後2か月から生後12か月までの人の初回接種(2~3 回)は生後12か月までに終了すること
追加接種 初回接種終了後7か月以上
※初回接種を12か月までに終了していない人の追加接種は27日以上の間隔をおいて実施すること

 小児の肺炎球菌感染症

※平成25年11月1日より沈降7価肺炎球菌結合型ワクチンから沈降13価肺炎球菌結合型ワクチンに切り替わりました。
小児用肺炎球菌ワクチンの切り替えに関するQ&A【厚生労働省】<外部リンク>

【対象年齢】
2か月~5歳になる日の前日まで
【回数】
生後2か月~7か月になる日の前日までに開始  4回
生後7か月~12か月になる日の前日までに開始  3回
1歳~2歳になる日の前日までに開始        2回
2歳~5歳になる日の前日までに開始        1回
【間隔】 
初回接種 27日以上(生後24か月までに行うこと)
※初回接種の2回目の接種が生後12月を超えた場合には、3回目の接種は
実施しないこと                 
追加接種 初回接種終了後60日以上の間隔をおいた後であって、生後12月
以降に行うこと

四種混合(ジフテリア・百日せき・破傷風・ポリオ)(平成24年11月1日より定期接種)

【対象年齢】
1期 生後3か月~7歳6か月になる日の前日まで
【回数】
1期初回接種 3回
1期追加接種 1回
【間隔】
1期初回接種 20日以上
1期追加接種 1期初回3回接種後 6か月以上
○備考
硬結(しこり)を防ぐため、接種部位を左右交互に接種します

麻しん風しん(MR)

【対象年齢】
1期 1歳~2歳になる日の前日まで       
2期 小学校就学前の1年間にある人(個人通知)
【回数】
各1回
備考
今までに麻しんか風しんにかかっている人は、主治医に相談しましょう

日本脳炎

【対象年齢】
1期 生後6か月~7歳6か月になる日の前日まで
2期 9歳~13歳になる日の前日まで
【回数】
1期初回接種  2回
1期追加接種  1回
2期                 1回
【間隔】
1期初回  6日以上
1期追加    1期初回接種終了後6か月以上

 日本脳炎の予防接種後に重い病気になった事例があったことをきっかけに、平成17年~21年度まで、日本脳炎の予防接種のご案内を行いませんでした。現在は、新しいワクチンで接種ができるようになっています。そのため、接種の機会を逃してしまった方は、特例措置として無料で接種を受けることができます。
 

特例措置対象者

1.平成7年4月2日から平成19年4月1日生まれで20歳未満の人
特例として、20歳になる日の前日までに全4回の接種のうち不足分の接種を公費(無料)で受けることができますので、母子健康手帳をご確認の上、不足分の接種を受けてください。

2.平成19年4月2日から平成21年10月1日生まれの人
特例として、9歳から13歳になる日の前日までの期間に1期の不足分の接種を公費(無料)で受けることができますので、母子健康手帳をご確認の上、不足分の接種を受けてください。

予防接種手帳の予診票が残っている人は、そのまま使用できます。
予診票が残っていない人は、市役所保険健康課・各支所健康推進係で発行しますので、母子健康手帳を持ってきてください。

備考
1期を完了させ免疫を保持するために2期1回接種します

参考
日本脳炎ワクチン接種に係るQ&A【厚生労働省】<外部リンク>

ポリオ(平成24年9月1日より不活化ワクチンに変更)

【対象年齢】
生後3か月~7歳6か月になる日の前日まで
【回数】
初回接種 3回
追加接種 1回(平成24年10月23日付けで定期接種)
【間隔】
初回接種 20日以上
追加接種 初回接種終了後6か月以上

備考
【すでに生ポリオワクチンを2回受けている場合】

接種は完了していますので、不活化ポリオワクチンの接種は必要ありません。
【すでに生ポリオワクチンを1回受けている場合】
不活化ポリオワクチン予防接種は、初回・2回目から開始してください。
【すでに任意で不活化ポリオワクチンを1~3回受けている場合】
接種回数が合計4回となるよう、残りの接種回数分を接種してください。

参考
ポリオワクチン【厚生労働省】<外部リンク>

第2期ジフテリア・破傷風

【対象年齢】
11歳~13歳になる日の前日まで(11歳になる日の月末に個人通知)
【回数】
1回

ヒトパピロ-マウイルス感染症(子宮頚がん)

※平成25年6月14日の厚生労働省の勧告により、子宮頸がんワクチンの接種については、定期接種の中止ではなく、継続するものの、積極的な勧奨を差し控えることとなりました。

リーフレット「子宮頸がん予防ワクチンの接種を受ける皆さまへ」【厚生労働省】(254KB)(PDF文書)<外部リンク>

子宮頸がん予防ワクチン接種後の痛みの診療について」【厚生労働省】<外部リンク>


【対象年齢】
小学6年生~高校1年生相当の女子
(12歳の誕生日を含む年度の当初から16歳の誕生日を含む年度まで)                                               
【回数】
3回
【間隔】
サーバリックスを接種する場合・・2回目は1回目の接種から1ヶ月以上、3回目は1回目の接種から5ヶ月以上かつ2回目の接種から2ヶ月半以上あけて接種
ガーダシルを接種する場合・・・・・2回目は1回目の接種から1ヶ月以上、3回目は3ヶ月以上あけて接種

水痘(平成26年10月1日より定期接種)

【対象年齢】
1歳~3歳になる日の前日まで
【回数】
2回
【間隔
3か月以上
※・既に水痘(みずぼうそう)に罹ったことがある人は対象外になります。
  ・任意接種として既に水痘ワクチンを接種を受けたことがある人は、既に接種した回数分の接種を受けたことになります。

B型肝炎(平成28年10月1日より定期接種)

【対象年齢】
生後直後~1歳になる日の前日まで
※平成28年4月1日以降に生まれた0歳児
【回数】
3回
【間隔
1回目の接種から27日以上の間隔をおいて2回目を接種した後、
1日目の接種から139日以上の間隔をおいて3回目を接種

※母子感染予防として、出生後にB型肝炎ワクチンの接種を受けたことがある人は対象外です。

 

 

予防接種情報のホームページ【厚生労働省】<外部リンク>

【県外の医療機関で接種を希望する場合】

依頼書が必要です。接種料金については、一部助成があります。

【県内の医療機関で接種を希望する場合】

広域化協力医療機関で接種できます。接種料金は無料です。

 

ダウンロード

実施医療機関一覧 [PDFファイル/73KB]

予防接種依頼書交付申請書 [PDFファイル/27KB]

 

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)