ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 保険健康課 > 蚊が媒介する感染症にご注意ください

蚊が媒介する感染症にご注意ください

印刷用ページを表示する掲載日:2017年7月14日更新

 蚊媒介感染症は、ウイルスを保有するヒトスジシマカなどの蚊に刺されることで発症し、デング熱やジカウイルス感染症(ジカ熱)等が該当します。

 感染してもすべての人に症状が出るわけではありませんが、発熱や関節の痛み、発疹が出るといった症状が一週間ほど続きます。ジカ熱は、妊婦が感染すると胎児に小頭症が発生するリスクがあったり、デング熱では出血を伴うデング出血熱となり重症化することがあります。

蚊に刺されないように注意しましょう

  • 長袖、長ズホンの着用、肌の露出を避けましょう。
  • 虫よけ剤を使用し、 虫を寄せ付けないようにしましょう。
  • 窓や戸を開ける際には網戸を使用しましょう。
  • 室内の蚊の駆除を心がけましょう。

蚊を増やさないようにしましょう

  • 下水溝、バケツ等の水が溜まる場所が蚊の幼虫の発生源にならないように注意しましょう。

医療機関を受診しましょう

  • 蚊に刺されて3~7日程度で高熱などの症状がみられた場合は、医療機関を受診しましょう。

関連リンク 

  詳しい情報は、愛媛県ホームページをご覧ください。
  http://www.pref.ehime.jp/h25500/dengue/index.html<外部リンク> 

ダウンロード

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)