ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 市民の方へ > 社会福祉 > 障がい者福祉 > 障害者がホームヘルパーの支援を受けたい場合、どうすればいいですか
トップページ > 分類でさがす > 市民の方へ > ライフイベント > 健康・医療 > 障害者がホームヘルパーの支援を受けたい場合、どうすればいいですか

障害者がホームヘルパーの支援を受けたい場合、どうすればいいですか

印刷用ページを表示する掲載日:2017年9月1日更新

 障害のある人の在宅生活における日常生活を支援するサービスとして、障害福祉サービスの中に訪問系サービスと言われる居宅介護・重度訪問介護・重度障害者等包括支援があります。ただし、介護保険のサービスを利用できる場合は、介護保険が優先されます。

 食事の介助・入浴介助・排泄介助などの身体介護や、調理や洗濯などの家事援助がおもな訪問系サービスが支援内容となります。

 18歳以上の人が訪問系サービスの利用を希望する場合は、障害支援区分の認定が必要です。

 認定調査員による認定調査・医師の意見書などに基づき、宇和島市障害支援区分判定等審査会において判定します。

 詳しくは、福祉課障害福祉係までお問い合わせください。