ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 市民の方へ > 消防・防災 > 災害情報 > 大浦災害ごみ(片付けごみ)仮置場の閉鎖について

大浦災害ごみ(片付けごみ)仮置場の閉鎖について

印刷用ページを表示する掲載日:2018年10月15日更新

災害ごみ仮置場閉鎖(10月14日閉鎖)のお知らせ

 7月豪雨に伴う災害廃棄物の受入を行ってきた仮置き場(大浦地区埋立地)は、

 平成30年10月14日(日曜日) をもって閉鎖しました。

 ※閉鎖後は仮置き場に搬入することはできません。

 平成30年10月15日(月曜日)からは、宇和島地区広域事務組合環境センターに搬入してください。

 

宇和島地区広域事務組合環境センター災害ごみの受入れ

 【施設場所】 宇和島市祝森甲3799番地

 【受入日時】 月曜日~土曜日 8時~12時、13時~16時

 詳しくは宇和島地区広域事務組合環境センターホームページをご覧ください。

 

 (宇和島地区広域事務組合のホームページ)

  10月14日(日)宇和島市大浦災害ごみ仮置き場受入終了に伴う宇和島地区広域事務組合環境センターでの災害ごみ受入について<外部リンク>

 

解体ごみの仮置き場について

 平成30年10月15日(月曜日)から大浦災害ごみ仮置き場は、公費解体(市が所有者に代行して被災家屋等の解体を行う)による解体ごみの仮置き場として利用します。自費解体による解体ごみは持ち込み可能です。持ち込み時には仮置き場内部で計量を行います。

 なお、解体ごみを持ち込む場合は以下の書類等が必要となります。

 【必要書類】 り災証明書(代行の場合はその写し)