ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 市民の方へ > 住民票・戸籍 > 住民票 > コンビニで住民票・印鑑登録証明書が取得できます
トップページ > 分類でさがす > 市民の方へ > 住民票・戸籍 > 印鑑登録 > コンビニで住民票・印鑑登録証明書が取得できます

コンビニで住民票・印鑑登録証明書が取得できます

印刷用ページを表示する掲載日:2015年7月1日更新

宇和島市では、住民票と印鑑登録証明書がコンビニで取得できる『証明書コンビニ交付サービス』を、平成25年6月1日から四国で初めて開始しました。

証明書コンビニ交付サービスとは

  『証明書コンビニ交付サービス』とは?

マイナンバーカード(個人番号カード)または住民基本台帳カード(住基カード)を使って、コンビニエンスストアの端末機を操作し、各種証明書を取得できるサービスです。

なにが取れるの?

  • 宇和島市に住民登録している本人および同一世帯の人の現在の住民票の写し
  • 宇和島市に印鑑登録している本人(個人)の印鑑登録証明書

いつどこで取れるの?

  • 時間
    午前6時30分~午後11時(年末年始(12月29日~1月3日)及び保守点検日を除く
  • 場所コンビにへ向かう親子イメージイラスト
    端末機が設置されている全国のローソン、サークルKサンクス、セブン-イレブン、ファミリーマート

いくらで取れるの?

住民票の写し

1通

250円

印鑑登録証明書

1通

250円


※窓口の交付手数料は、各1通300円です。

どうすれば取れるの?


  マイナンバーカードに利用者用電子証明書の発行を受けた人は、取れるようになります。

  まだマイナンバーカードをお持ちでない人は、マイナンバーカードを申請(当面の間は無料)していただきますと、交付の時に登録できます。

  また、コンビニ交付サービスの利用登録をしている住基カードをお持ちの人は、有効期限内であれば取ることができます。

誰でも登録できるの?


  宇和島市民であれば、成年被後見人を除き、誰でも登録できます。

  ただし、15歳未満の人は住民票の写しの交付のみ利用できます。

手続方法

マイナンバーカードを持っていない人


通知カードと一緒に届いた「個人番号カード交付申請書兼電子証明書発行申請書」に必要事項を記入し、写真を貼り、同封の返信用封筒に入れて郵送してください。個人番号カード

※郵送先は、カードを作成する「地方公共団体情報システム機構」です。宇和島市役所ではありませんのでご注意ください。

郵送による方法以外にも、スマートフォンやパソコンによるオンライン申請もできます。
詳細は、以下のサイトをご覧ください。

マイナンバーカード総合サイト<外部リンク>

市役所から「交付通知書」を郵送しますので、必要書類をご準備の上、交付場所までお越しください。交付の際に利用者電子証明の暗証番号を登録していただきます。

マイナンバーカードを持っている人

 利用者用電子証明書の交付を受けている人は、取ることができます。

 登録していない人は、市役所市民課・吉田支所・三間支所・津島支所の各窓口で登録(当面の間は無料)いただきますと、取ることができるようになります。

住基カードを持っている人


 住民基本台帳カードについては、平成27年12月末をもって交付が終了しています。

 住民基本台帳カードの有効期間は、発効日から起算して10年間となっており、コンビニ交付の利用登録をされている方は有効期間内であれば、平成28年1月以降でも利用が可能です。

 ただし、個人番号カードを取得された場合は、返納していただきます。

いざコンビニ交付!

 マイナンバーカードに利用者用電子証明書の暗証番号へ登録が完了したら準備OKです。便利簡単安心な証明書コンビニ交付サービスを利用しましょう。

コンビニで取得できる証明書について、詳細はこちらです。

 

コンビニイメージイラスト


 

関連情報