ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 市政情報 > 市の取り組み > シティセールス > 「東京2020公式アートポスター」の制作アーティストに大竹伸朗氏が選出

「東京2020公式アートポスター」の制作アーティストに大竹伸朗氏が選出

印刷用ページを表示する掲載日:2019年9月17日更新

「東京2020公式アートポスター」の制作アーティストに大竹伸朗氏が選出

本市在住の 大竹 伸朗 氏が、「東京2020公式アートポスター」の制作アーティストに選出されました。

このポスターは、「東京2020公式アートポスター・プロジェクト」の一環で、国内外のアーティストがオリンピックまたはパラリンピックをテーマにして芸術作品を制作し、東京2020大会のポスターとして活用されます。

大竹 伸朗 氏

 顔写真大竹さんは東京都で生まれ、現在は本市を制作拠点に活動を展開しています。大竹さんが本市に移住したのは、約30年前。移住後も作品を作り続け、国内外で大規模な個展を開催したりと、幅広く活動を展開しています。


 平成31年4月にオープンした宇和島市学習交流センター(パフィオうわじま)では、生涯学習センターホールのどん帳が大竹さんにより制作されました。どん帳には、「赤松覗き岩遊園地」をモチーフとして宇和島の風景が鮮やかに描かれ、本市としては初の大竹さんによる公共作品となりました。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)