ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 事業者の方へ > 産業振興 > 商工業 > パールデザインコンテスト > 第10回宇和島パールデザインコンテスト最終審査を実施しました

第10回宇和島パールデザインコンテスト最終審査を実施しました

印刷用ページを表示する掲載日:2017年3月14日更新

 平成29年2月19日(日)に審査会が開かれ、公開での厳正な審査により、第10回宇和島パールデザインコンテスト受賞作品が決定されました。

最終審査風景

第10回宇和島パールデザインコンテスト 講評

 第10回となる今回のコンテストにおける注目すべきキーワードは「新しい技術」と言えるかと思います。1次審査のデザイン画において、これまでと比べてCGを用いた作品が増え、非常にリアルな表現に感心させられました。
 また、最終審査まで進み、デザイン画をもとに制作された実作品もやはり完成度がとても高いものばかりでした。
 ジュエリー部門は、応募数の上でもA部門の作品が目を引き、総じてB部門は、特色である異素材が十分に生かされておらず、残念ながらB部門から部門賞選出には至りませんでした。
 ジュエリー以外の自由な作品を対象とした第2部門は、幅広いアイデアに溢れ、楽しい作品が多く見られました。
 最終的に数点の作品が候補に挙がったのですが、どの作品も素晴らしい出来栄えのため、審査員の意見が割れ、最後まで最優秀賞を決めることができず、難しい選択となりました。
 最優秀賞作品のブレスレットはこれまでにないシンプルで力強い造形が美しく、受賞の決め手となりました。 
 部門賞を受賞した第2部門の箸置きは3Dプリンターという新しい技術を用い、従来の彫金では表現できない作品となっており、今回のコンテストを象徴しているようでした。
 残念ながら受賞を逃したその他の作品についても、第10回目のコンテストに相応しく、美しい作品が多かったことを申し添えます。
 宇和島パールを表現するに十分な“アイデア”“技術”“使い易さ”の観点からこれまで審査を重ねてきましたが、これからが楽しみな作品を数多く応募して下さった皆様に心から感謝を申し上げます。


第10回宇和島パールデザインコンテスト
 審査委員長   福島  保信

審査員一覧(敬称略)
審査委員長ジュエリーデザイナー福島 保信
審査員インダストリアルデザイナー野口 英明
審査員ジュエリーデザイナー高橋 まき子
審査員ジュエリーデザイナー中島 史子

  

受 賞 作 品

【最優秀賞】 

最優秀部 門第1部門A
作品名
作 者岩水 舞
作品紹介

 風にそよぎ輝く柳の葉とその間から漏れキラキラと輝く光をイメージしてデザインしたバングルです。
 金属部分で葉を、真珠で柔らかな光を表現しました。貝に優しく包まれ、波にゆられながら大きく育った真珠が青空の下、太陽の光で輝きをはなつように。

【部門賞】 

部門賞部門賞
部 門第1部門A部 門第2部門
作品名石座ではない作品名
作 者ヨウジャユー作 者永津 みどり

 ※その他の作品画像はこちらをクリック

トロフィー

受賞者には、その栄誉をたたえ、トロフィーを贈呈します。
(作成協力:愛媛県立宇和島高等技術専門校)

トロフィートロフィー
 前回(第9回パールデザインコンテスト)のトロフィー

特 別 賞

 一次審査を通過し、作品を実作し、最終審査に提出された方には、特別賞として宇和島市の特産品が贈られます。

  • 宇和島地区漁業協同組合協議会長賞 (4名の方に)
  • 宇和島真珠販売業組合長賞 (6名の方に)
  • 愛媛県漁業協同組合連合会長賞 (6名の方に)
  • 愛媛県真珠養殖漁業協同組合協議会長賞 (6名の方に)
  • 宇和島蒲鉾協同組合長賞 (4名の方に)
  • えひめ南農業協同組合長賞 (4名の方に)

子どもが描く真珠の世界(子どもパールデザインコンテスト)表彰式

  第10回宇和島パールデザインコンテスト最終審査に続いて、第5回目となる、子どもが描く真珠の世界(子どもパールデザインコンテスト)の表彰式を行いました。
  市内の幼稚園・保育園・小学校の児童から真珠をモチーフとした絵画を募集し、事前に実施した審査により決定した受賞児童を表彰しました。

表彰式表彰式表彰式

表彰式表彰式表彰式

 そして昨年度に引き続き、スケッチャーズジャパン合同会社様より特別に協賛していただき、頑張る子どもへの応援として、最優秀賞、優秀賞を受賞した児童に、同社から提供していただいたスニーカーを贈呈しました。

スニーカー表彰式